「独服」によって自分と向き合う時間を作る--『茶』を書いた千宗屋氏(武者小路千家家元後嗣)に聞く

「独服」によって自分と向き合う時間を作る--『茶』を書いた千宗屋氏(武者小路千家家元後嗣)に聞く

千利休の末裔である若き異才が現代版『茶の本』を刊行した。「視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚を駆使する生活文化の総合芸術」である茶の湯の真髄とは。

──茶の湯をたしなもうとする人々の動機が変わってきたそうですね。

「礼儀作法を学ぶもの」「花嫁修業のため」というより、むしろお茶の本来のあり方、あるべき姿をとらえて、茶人になろうとする人が増えてきている気がする。

──本来のあり方とは。

お茶は決して作法至上主義ではない。もちろん特殊で堅苦しく怖いものでもない。

生まれも育ちも生い立ちも別々な人が集まって、一つの場でつかの間のコミュニティを作り上げる。そこで茶の湯のルールにのっとって交流していく。それが、心と心の交わりをお茶の方法論によって実現する「直心(じきしん)の交わり」になる。

日常から少し離れた別世界に身を置き、その中での共通のルールに身を浸して心を遊ばせる。普段の日常生活では互いに邪魔になっている壁を取り払った、向こう側の場所で心を交流させる。そういう場を楽しむことができる。

──社交の場だけではない?

お茶には二つの役割がある。社交の場として、心と心の交わりを深めて、日常に戻った後でも、それによって信頼関係を深め合う。共通の趣味、美意識を共有したりと。ただし、社交は自分というものがないと、周りに流されて終わってしまう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT