ネットに全てを預けるグーグルOSの試作機が登場、パソコン業界の「携帯業界」化が加速?



 
 毎月100メガバイトまでの通信料は2年間は無料。しかし、月間100メガバイトの上限量を超えると、1日無制限の使用で9ドル99セント。これを1カ月使い続ければ約300ドルになる。ネット利用を前提とすると月間100メガバイトの上限は実質的にはすぐに超過するため、月額の利用料は決して安くない。

また、基本的なワープロソフトや簡単な表計算などはグーグルの無料ウェブサービス「グーグル・ドック」でも使える。だが、もう少し高度なアプリを使いたいとなると、ウェブストアから有料のウェブアプリを購入する必要もでてくるだろう。

Cr−48は試作機の段階で、現在は、海のものとも山のものとも分からない状態だ。しかし、これから進化していくだろう。これからのクローム・ノートブックを理解するために、グーグル広報担当者に質問を投げかけてみた。

--試作機は今まで何台配布したのか。 

数千台のクローム・ノートブックを配布したが、まだ現在も渡している最中だ。

--11年に出荷予定のクローム・ノートのメーカーは?

サムスンとエイサーだ。

--Cr−48は日本語でも使えるか。

デフォルトの設定言語で日本語を選ぶと使える。

--クローム・ノートブックの特長は?

クローム・ノートブックは、ウェブアプリケーションを主に使っているブラウザのヘビーユーザーに最適なものだ。クロームOSは、多くの企業だけでなく、一般消費者が求める速さ、簡単な使い心地、セキュリティに優れている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型ジムニー買っちゃった
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。