ネットに全てを預けるグーグルOSの試作機が登場、パソコン業界の「携帯業界」化が加速?

あなたは自分のパソコンをいくらで買っただろうか。シリコンバレーのクリスマス商戦の売り出しでは、HPのインテルコアi3搭載ノートが約500ドル、アップルのマックブックプロ(インテルコアi5搭載)が約2300ドル、デルのVosto V130が約800ドルなどだ。

パソコンが安くなったとはいえ、ネットブック以上の機能を持つパソコンではおおむね500ドル以上、つまり4万円以上の出費は覚悟しなくてはならない。ハードウエアのコストもさることながら、OSを独占するウィンドウズの価格が織り込まれているからだ。

こうした状況に対して12月7日、グーグルは自社開発の無償OS「クロームOS」を搭載した試作ノートパソコン「Cr−48」(写真)を、関係者に無償提供すると発表した。提供の対象となるのは、企業のIT担当者、米国防総省、デベロッパー、学校など。また、米国内在住18歳以上で適切と判断される一般利用者にも配布される(詳しくはwww.google.com/chromeos/)。

クロームOSを搭載したCr−48は、パソコンの内部にアプリケーションをインストールするのではなく、サーバー上に置いたアプリケーション(ウェブアプリ)をクローム・ブラウザを通じて利用する。ネットワーク接続が前提で、OSのアップグレードを利用者が行う必要もない。
 
 ネットを核とするCr−48の登場で、これからのパソコン業界はどうなるのか。シリコンバレーの専門家たちに聞いてみた。

「グーグルのパソコンは大衆向け。起動が速く、オープンソースで、ネットのアクセスに使うのが主な用途のマシンだから」と、サンフランシスコ在住で投資家のシェリダン・タツノ氏は言う。2011年夏に一般発売予定のCr−48の価格は300ドルから400ドルになるといわれ、安価。だから大衆普及型といえる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT