ネットに全てを預けるグーグルOSの試作機が登場、パソコン業界の「携帯業界」化が加速?

あなたは自分のパソコンをいくらで買っただろうか。シリコンバレーのクリスマス商戦の売り出しでは、HPのインテルコアi3搭載ノートが約500ドル、アップルのマックブックプロ(インテルコアi5搭載)が約2300ドル、デルのVosto V130が約800ドルなどだ。

パソコンが安くなったとはいえ、ネットブック以上の機能を持つパソコンではおおむね500ドル以上、つまり4万円以上の出費は覚悟しなくてはならない。ハードウエアのコストもさることながら、OSを独占するウィンドウズの価格が織り込まれているからだ。

こうした状況に対して12月7日、グーグルは自社開発の無償OS「クロームOS」を搭載した試作ノートパソコン「Cr−48」(写真)を、関係者に無償提供すると発表した。提供の対象となるのは、企業のIT担当者、米国防総省、デベロッパー、学校など。また、米国内在住18歳以上で適切と判断される一般利用者にも配布される(詳しくはwww.google.com/chromeos/)。

クロームOSを搭載したCr−48は、パソコンの内部にアプリケーションをインストールするのではなく、サーバー上に置いたアプリケーション(ウェブアプリ)をクローム・ブラウザを通じて利用する。ネットワーク接続が前提で、OSのアップグレードを利用者が行う必要もない。
 
 ネットを核とするCr−48の登場で、これからのパソコン業界はどうなるのか。シリコンバレーの専門家たちに聞いてみた。

「グーグルのパソコンは大衆向け。起動が速く、オープンソースで、ネットのアクセスに使うのが主な用途のマシンだから」と、サンフランシスコ在住で投資家のシェリダン・タツノ氏は言う。2011年夏に一般発売予定のCr−48の価格は300ドルから400ドルになるといわれ、安価。だから大衆普及型といえる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT