ネットに全てを預けるグーグルOSの試作機が登場、パソコン業界の「携帯業界」化が加速?


次々にヒット商品を出しているアップルの製品はどうか。「使って楽しいし、本の制作やビデオ処理に向いている」とあるジャーナリスト。「とはいうものの、アップルのマックブックはウィンドウズのパソコンに比べ、2倍以上高い」。
 
 前述のタツノ氏はアップルは「ハイエンドマーケット向き」と見る。また、サンノゼ州立大学のリサーチャーの1人は「アップルは学生や教育関係者に対して割引があるし、サポートしてくれるシステムがある。マックブックをアップルストアで買った直後、1対1で1時間、52回までOKなのよ。年間99ドル払うだけでいいの」。アップル製品は、付帯サービスがウケているのだ。

一方、ウィンドウズOSのパソコンの将来はどうなるのだろうか?
 
 「マイクロソフトは、これからの競争で、死に絶えるのではないだろうか」というのはシリコンバレー在住のアナリスト。彼は、アプリケーションソフトの「オフィス」やストレージサービスで儲けていくのがマイクロソフトの主力事業になるだろうと予測する。
 
 シリコンバレーで複数の会社の役員を務めるジェイコブ氏は「クローム・パソコンはすべてがネット上にあるため、セキュリティに対する施策や情報管理がどう扱われるかがわからない。手元のパソコンにOSやアプリがあるウィンドウズは、パソコンの起動に時間がかかろうが信頼性が高い。特にビジネスユースでは、これからも強いのではないか」と見ている。

筆者がクローム・パソコンの登場で、改めて感じたのは近い将来、パソコン業界が携帯電話の世界のようになるのではないかということだ。パソコンというハードウエアは無料で、ソフトのサービスで収益を上げる形に移行していくのではないだろうか。
 
 実際、グーグルのクロームOSを搭載したCr−48は、試作機の段階だが、すでに、米国の携帯電話会社・ベライゾンの3Gネットワークが使えるようになっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。