午前は清潔感!中国に奇跡的リゾート出現

"中国基準"を超えたマカオ対岸の水族館

大迫力のエイの群れが間近で見られる

「ここまで大きいと、海の中にいる感じがするね」

こう息子が言った。決して大げさとは思わなかった。ほんとうに、海の中にいる錯覚が起きる。そのくらい、この水槽のインパクトは大きい。

現在、世界最大のこの水槽を有する水族館。どこにあるか、ご存じだろうか? 実は、中国広東省珠海市、“長隆(チャンロン)海洋リゾート”という所にある。カジノで知られるマカオの対岸、香港にも近い場所。2012年1月にオープンした巨大な水族館だ。

「世界最大の天井ドーム型水槽」、「世界最大の水槽」、「世界最大の水槽窓」、「世界最大のアクリルパネル」、合計5つのギネス世界記録を達成。なんと、水量で、沖縄県の美ら海水族館の4倍というとんでもないスケールだ。

数年前に行った、美ら海水族館。日本最大の水槽を見たときには、「わぁー、大きい水槽」と感動した。

澳門(マカオ)の下に位置する(赤いピンの部分)(長隆海洋リゾートサイトより)

しかし、ここの体験は、まさに「異次元」だ。さすが、中国。でも、ただ、カネにまかせてでかいものを作ったに過ぎないのであれば、ここまで感動はしない。

中国ではそういうものがよくあるからだ。だから、子どもを連れて長隆海洋リゾートに“恐る恐る”行ったのだが、いい意味で裏切られた。ここ中国の域を大きく越えた、東京ディズニーランド並みの洗練されたリゾートだったのだ。

大迫力のエイの群れ!

ここの水槽のウリは、ジンベイザメ。なんとあの巨大なのが4匹も、悠々と泳いでいる。ただ、いちばん度肝を抜かれたのは、エイだった。エイの群れを見たことがあるだろうか。上の写真の1匹1匹が、大きなエイだ。ウミガメやジンベエザメを基準に見ると、大きさがわかると思う。

次ページ遊園地も!しかし気になる、あの問題……
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT