【産業天気図・百貨店】足元は客足に明るさ、新年は新店も。だが業態衰退のトレンド続き「曇り」の景況感

拡大
縮小


 とはいえ、インターネットショッピングやディスカウント業態が普及するなかで、百貨店の相対的魅力が高まった結果ではない。「これまでの百貨店は大都市の好立地に5万~8万平方メートルの店舗を構え、高額・高級商品に過度に頼りすぎていたと自覚している。今の百貨店業界の売り上げ減は、景気後退による一時的なものではなく、構造的な減少である」(Jフロント リテイリングの奥田務会長兼CEO)。

そんな中、11年は西日本を中心に新店が相次ぐ。3月の博多阪急、4月の京都丸井(阪急跡)、大丸梅田の改装開業、5月の大阪三越伊勢丹などである。“業態衰退”も指摘されるなかでのキャパシティー拡大は吉とでるのか目が離せない。
(高橋 由里=東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT