【産業天気図・百貨店】足元は客足に明るさ、新年は新店も。だが業態衰退のトレンド続き「曇り」の景況感


 とはいえ、インターネットショッピングやディスカウント業態が普及するなかで、百貨店の相対的魅力が高まった結果ではない。「これまでの百貨店は大都市の好立地に5万~8万平方メートルの店舗を構え、高額・高級商品に過度に頼りすぎていたと自覚している。今の百貨店業界の売り上げ減は、景気後退による一時的なものではなく、構造的な減少である」(Jフロント リテイリングの奥田務会長兼CEO)。

そんな中、11年は西日本を中心に新店が相次ぐ。3月の博多阪急、4月の京都丸井(阪急跡)、大丸梅田の改装開業、5月の大阪三越伊勢丹などである。“業態衰退”も指摘されるなかでのキャパシティー拡大は吉とでるのか目が離せない。
(高橋 由里=東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT