【産業天気図・百貨店】足元は客足に明るさ、新年は新店も。だが業態衰退のトレンド続き「曇り」の景況感

予想天気
10年10月~11年3月 11年4月~9月

百貨店業界の景況感は、2011年9月まで終始「曇り」止まりだろう。足元では売上高がプラスに転じるなどしているが、ネット通販など小売業界の多様化が進む中、百貨店の「業態衰退傾向」は決して打ち消されてはいない。

10年10月の百貨店売上高が対前年同月比0・6%増と、08年2月以来実に2年8カ月ぶりにプラスとなった。

「ずっと暑い夏だと思ったら、秋を通りこして一気に冬が到来した感じ」(複数の業界関係者)。コートなど重衣料の初動が早かったことが牽引し、久々の「仄明かり」が見えた形だ。

しかし、その勢いも続かなかった。11月は0.5%減と再びマイナスに。全国百貨店協会によると、前年に比べ日曜日が1日少なかったことや、北日本の天候が不順(気温が高かった)ことなどが影響したと見ている。

それでも分野でみると良い兆しも見えている。婦人服・洋品は0.3%増、化粧品も1.4%増となった。その他家庭用品、菓子が2か月連続のプラス、家電が5か月ぶり
のプラス、化粧品も24か月ぶりにプラスだった。リーマンショック後、いいところのなかった09年~10年前半からみればずいぶんな改善である。

人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。