【産業天気図・百貨店】足元は客足に明るさ、新年は新店も。だが業態衰退のトレンド続き「曇り」の景況感

予想天気
10年10月~11年3月 11年4月~9月

百貨店業界の景況感は、2011年9月まで終始「曇り」止まりだろう。足元では売上高がプラスに転じるなどしているが、ネット通販など小売業界の多様化が進む中、百貨店の「業態衰退傾向」は決して打ち消されてはいない。

10年10月の百貨店売上高が対前年同月比0・6%増と、08年2月以来実に2年8カ月ぶりにプラスとなった。

「ずっと暑い夏だと思ったら、秋を通りこして一気に冬が到来した感じ」(複数の業界関係者)。コートなど重衣料の初動が早かったことが牽引し、久々の「仄明かり」が見えた形だ。

しかし、その勢いも続かなかった。11月は0.5%減と再びマイナスに。全国百貨店協会によると、前年に比べ日曜日が1日少なかったことや、北日本の天候が不順(気温が高かった)ことなどが影響したと見ている。

それでも分野でみると良い兆しも見えている。婦人服・洋品は0.3%増、化粧品も1.4%増となった。その他家庭用品、菓子が2か月連続のプラス、家電が5か月ぶり
のプラス、化粧品も24か月ぶりにプラスだった。リーマンショック後、いいところのなかった09年~10年前半からみればずいぶんな改善である。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT