安倍首相がツキまくっていると言える理由

【保存版】2015年主要政治カレンダーつき

ツキまくる安倍首相はギャンブラー以上!?(imasia)

それにしても安倍さんはツイている。

解散直前の11月15~16日、自民党が行ったサンプル調査では、「自民は最大30議席減」という結果が出た。まあ、それくらいなら仕方あるまい、と覚悟して踏み切った解散・総選挙であったが、自民党は290議席をゲットした。追加公認と定数の5議席減を勘案すれば、解散時の294議席とほぼ同数の勢力と言える。これで自公連立政権は衆院で3分の2の勢力を得て、向こう4年間はテッパンの安定基盤を得たことになる。

民主党の代表者選びは「年明け」で正解

なおかつ野党は傷だらけの状態だ。特に最大野党の民主党は、東京1区で海江田万里代表が落選してしまった。「民主党イジメが最大の健康法」と評される安倍首相、さぞかしメシが旨くて体調も良いことと拝察申し上げる。

残席わずか!!12月22日、小社にて3人のチョーお得な「2015年日本経済予測+懇親会」を開催します!お申し込みはこちらから。なお当日参加もOK!

大将が討ち死にした民主党では、2015年1月18日に臨時党大会を開催し、党員やサポーターも含んで代表選挙を行う予定である。特別国会の召集が来週に控えているが、首班指名においては、とりあえず2人いる「代表代行」のどちらかの名前を書くことを決めたそうだ。

それは大正解で、なるべく時間をかけて大勢で新代表を選ぶ方が強いリーダーを生み出すことになる。来春の統一地方選挙を控えて、地方組織も活性化するというものだ。

思えば2年前の総選挙の際に、民主党は決定的な大敗を喫した。そこで党内は「首班指名で野田佳彦とだけは書きたくない」という声が澎湃として湧き上がり、慌てて代表選挙を行って、そそくさと選んだのが海江田代表であった。今から思えば、党勢回復よりも党内融和を重視した決定であった。酷なことを申し上げるが、そのことが今回の選挙結果の遠因となっているように見える。

2015年こそは心機一転、強い新代表の登場を待ちたいものである。与野党の「一強多弱」の構図を塗り替えるには、まずは民主党が再生しないことには始まらない。

次ページ一方、自民党は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT