安倍首相がツキまくっていると言える理由

【保存版】2015年主要政治カレンダーつき

さて、いよいよ今年のG1レースも「ラス前」を迎えた。今週末は朝日杯フューチュリティーステークス。2歳牡馬の王者が決まる。

2歳馬といえば、人間で言えばまだ中学生くらいのもの。野球のリトルリーグみたいなものだから、ギャンブルで一発狙うというよりは、将来の有力馬をじっくりと見定めたい。

妙味乏しいが、オルフェーヴル全弟アッシュゴールドで

今年の顔ぶれでは、狙い目はずばりアッシュゴールド。父ステイゴールド、母オリエンタルアートというオルフェーヴルと同じ黄金配合。そしてオルフェーヴルと同じ金色の馬体である。あのデイリー杯2歳Sで初めて目撃したときには、思わずその美しさに目がくらんだものだ。

残席わずか!高級シャンパンで乾杯後、おいしい食事と飲み放題、講師3人と日本経済+有馬記念語り放題!!お申し込みはこちらから(当日参加もOK)

しかも鞍上は池添謙一騎手。前走デイリー杯ではタガノエスプレッソに及ばなかったが、あれはステゴ産駒が苦手とする京都だったから。右回りで坂のある中山か阪神のレースなら、兄オルフェーヴルと同様に得意中の得意であると見た。

もっとも筆者のようなファンが少なくないせいか、すでにアッシュゴールドは1番人気に押されオッズは低い倍率になりそうだ。実績以上に買われていて、馬券としての妙味は乏しい。まあ、ここは贔屓の引き倒しの応援馬券として、真のギャンブルは来週の有馬記念にとっておくことにしよう。

当欄執筆陣の3人は、12月22日(月)夜に東洋経済新報社にてトークショーを開催する。有馬記念の買い目もご披露する予定である。まだ残席に若干の余裕アリと聞く。読者諸兄に告ぐ。来たれよ、飲まれよ、そしていざ共に戦わん。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT