有料会員限定

その俗説、違います! だから雇用問題はこじれる

印刷
A
A

とかく議論のかみ合わないことが多い雇用問題。代表的な2つの落とし穴を取り上げた。

特集「日本型雇用システム大解剖」の他の記事を読む

すでに日本型雇用慣行は崩れているから、このままどんどん欧米型に近づけていけばいい。そうした発想は政府や企業経営者、有識者にもあって、雇用改革に影響を与えています。

しかし、「すべての問題の根っこは日本型雇用慣行にあった」で見たように日本型雇用慣行の最大の特徴は、雇用契約において職務が決まっていないことです。この根源部分はバブル崩壊後もまったく変容しておらず、むしろ強固さが目立っています。

一例を挙げましょう。三種の神器のうち最も崩れたように見える年功賃金。確かに昨今、一部の企業では40歳前後の管理職世代以上の定期昇給を止め、賃金のフラット化が進んでいます。そして世界と同様、職務ごとに賃金を決める「職務給」を名乗る企業もあります。

しかし、「本当の意味での職務給とは違う」と人事専門のヘイコンサルティンググループの柴田彰氏は指摘します。

たとえば本来の職務給なら、人事部長と営業部長では人事部長のほうが賃金が高いとします。しかし日本でそのように忠実に賃金を決めてしまうと、人事部長→営業部長という配置転換が不公平感によって行いにくくなります。実際、多くの日本企業の新賃金形態は役割給と呼ばれ、それは職務内容に職責が加味されたものです。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
日本型雇用システム大解剖
有給休暇取得日数 残業時間
ドキュメント物流業界 ネット通販活況の陰で
まず改革してみる
ホワイトカラー・エグゼンプションを考える
PART3 大論争! ニッポンの労働時間
転職希望者・就活生は必見! タブーなしでメッタ斬り
グローバルな報酬水準はこうなっている!
役割給とグローバル対応
ブラック企業の特徴は、
海外のジョブ型雇用慣行
PART2 大揺れ! ニッポンの賃金制度
正社員と労組は
「新卒一括採用=悪玉論」のウソと本当
日本型雇用慣行がよくわかる
気鋭の経済学者が問う
バブル世代のリストラ予備軍は必読
職務単位の雇用契約が海外の特徴
テーマ別 働き方の大問題
だから雇用問題はこじれる
PART1 大解剖! ニッポンの働き方「職務無限定」こそが特徴
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内