【産業天気図・鉄鋼】原料価格高止まり、国内需要低調。1年通して「曇り」に


 高炉の主原料である鉄鉱石、原料炭ともに今期は大幅な値上がりをみせ、夏場に調整局面があったものの、再び上昇し高止まりの様相。鉄鉱石は4~6月期に倍増、7~9月も2割強値上がりしたが、鉄鉱石のスポット価格は足元トン当たり160ドルを再び突破。10~12月に下がった鉄鉱石価格は、1~3月は再び上昇する。

こうした原料価格の先高感はあるものの製品価格への転嫁は遅い。特に、ひも付きと呼ばれる大口需要家向けの契約はその新価格の適用が遅れた。店売りでは足元大きな調整局面。円高で輸入材が流入、電炉材でも安値が目立っている。国際市況も乱調で、価格の軟化が顕著だ。

マージンはひも付き中心に改善するとしても、主要顧客である自動車、電機、機械など外需依存度の高い企業は、足元の円高で海外シフトが強まっている。鉄鋼各社もアジア諸国で工場新設を決めるなど軸足を少しずつ移している。11年度はこうした動きがさらなる成果を生みそうだが、当面は縮小する国内需要の代替で推移し、本格的な「晴れ」はもう少し先だろう。
(山内 哲夫=東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT