イギリス近代史講義 川北稔著

イギリス近代史講義 川北稔著

「経済成長」という概念は、ヨーロッパを中核として成立する近代世界システムの基本イデオロギーであり、真っ先に産業革命を成し遂げたイギリスは、その象徴的存在ともいえる。そんなイギリスは、日本にとって近代化と資本主義発展のモデルだった。しかし、その栄光も今は昔。

そのイギリスがいかにして世界を支配する大英帝国となったか、そして20世紀以降の衰退の原因を、西洋史の専門家として概観する。経済問題だけでなく、人々の生活全般までを含めた社会史となっているのも特徴だ。

「失われた20年」が指摘される日本は、イギリスと同じ轍を踏もうとしているのか。同国の近代史をひもときながら日本の未来をも見据える。

講談社現代新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。