新卒で一生モノの仕事が見つかるのは奇蹟

在籍年数ではなく、「何を成し遂げたか」が重要

また、「通信制大学で」と記載されており、その間に生活費はどうやって稼ぐのか、そして教員と言っても対象が高校なのかなどの詳細はわかりませんが、最短で試験に合格し、新たなキャリアをスタートさせるという覚悟も、通常以上に求められるでしょう。

「1年間」で退職をするダメージを気にされていますが、重要なのは1年間という期間ではなく、その間にSさんがどういった経験を積んでこられたかがより重要です。

私事ですが、私も最初の会社を1年程度で転職しています。詳細は省きますが、要は転職後の場所のほうが自分自身が成長できるチャンスが多いと確信したことと、1年程度とはいえ、学んだことは非常に多かったと認識していたのが主な理由です。

また、経験こそは1年間でしたが、その間に同じような規模やステージのベンチャー(最初の会社も転職先も共に規模の小さなベンチャーでした)であれば、それなりに通用するであろう経験、たとえば計画策定や投資管理、予実管理といった経験を、経営者と共に非常に濃い密度と圧倒的な時間を投入してやってきましたので、同じ時期に就職した大概の人たちよりも、いい経験とスキルを獲得できたと感じていました。

より正確に言うと、仕事の開始時期は通常の人よりも半年遅かったのですが、それでも十分、追い越した感はありました。

何年在籍したかではなく、何を成し遂げたか

ここで重要なのは、私自身が次の「仕事の場」を見据えて、どんなスキルや経験であれば、ほかの会社でも通用しうるかと考え、つねに自分自身で創意工夫をしつつ、仕事を一つひとつ自分のものにしていった。つまり受け身の姿勢ではなく、積極的に「使える」経験を積んでいったわけです。

この例に限らず、同期入社でも社内での評価が極端に変わってくるケースがあります。同じ勤務期間とはいえ、本人たちがどうその期間を過ごしたかによるのです。「何年在籍をしたか」ではなく、「何をその間に成し遂げたか」、そして「その経験やスキルはどのように次の仕事に生かせるか」が重要なのです。

次ページ新卒組に勝つための武器
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT