なぜ「侍ジャパン」は、20万人集客できたのか

TV視聴率では見えない、日米野球の舞台裏

今回の来日メンバーにはビッグネームが少ない。今年はメジャー30球団全体で1000万ドル(約11.5億円)以上のプレーヤーが約100人いたが、今回のメンバーでは2400万ドルのロビンソン・カノ(マリナーズ)1人だけだ。

だが、アルテューベやプイグはやがて…。

「本物VS本物」、終わらない日米野球の役割

不滅の2632試合連続出場記録を樹立したカル・リプケン(オリオールズ)は24歳だった1984年と1986年の2度来日。メジャー通算22年で630本塁打を放ったケン・グリフィー・ジュニアも、マリナーズにいたメジャー2年目の1990年に20歳で来日している。2人とも当時から話題にはなっていたが、あそこまで成績を積み上げるとは思っていなかった。

今回の来日メンバーから、超スーパースターが誕生するか。そして侍ジャパンからは何人のメジャーリーガーが生まれるのだろうか。3年後、2017年のWBCともども楽しみにしたい。

最後に紹介しておきたい話がある。筆者が2006年にデトロイトのコメリカ・パークで通算3007安打のアル・ケーライン(現タイガース特別顧問)に会ったときのことだ。1962年の日米野球で来日したとき、印象に残っている選手がいるか聞いたら――。

「ああ、いるさ。名前が違っていたらごめんよ。カネダ…。背の高い左ピッチャーだ。次はサードベースメン…」

金田正一、長嶋茂雄…。

「そうそう。あとミスター・オー。それと誰だったかな、小柄なショートストップ」

王貞治、吉田義男…。

日米野球の役割は、いつまでたっても終わらない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。