平気で「糖質オフビール」買う人の残念な重大盲点 「添加物、副原料、しかも味は…」あなたはOK?

✎ 1〜 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 22 ✎ 最新
印刷
A
A

たとえば、うちの冷蔵庫にあった「ビールの糖質」は100ミリリットル3グラムです。350ミリリットル缶で10グラムちょっと、500ミリリットル缶でも15グラムです。

そもそも、この糖質はそれほど恐れるほどの量でしょうか?

それに比べて、ビールのつまみとしてよく食べられるフライドポテトは、Mサイズ(約135グラム)でも糖質が約40~45グラム、ポテトチップスなら1袋30〜50グラム。餃子5つで約20グラム、唐揚げは2~3個で15グラムです。

「糖質オフ」でがんばって10~15グラムを減らしたところで、ランチに糖質の多いラーメンや餃子、フライドポテトを食べたり、あるいはビールと一緒にポテトチップスなどの「糖質の多いつまみ」を食べてしまったら、意味がないどころか、糖質超過になってしまいます。

「糖質の多いつまみ」を食べたら意味ナシ

あくまで私の感想ですが、「糖質オフビール」は何か物足りないから、どうしても味の濃いつまみが欲しくなってしまいます。冒頭に挙げた私の友人も、スナック菓子やポテトサラダなど「糖質の多いつまみ」を平気で食べながら「糖質オフビール」を飲んでいます。

そんなことをするぐらいなら、普通においしいビールを飲んで、つまみは野菜や豆腐など「低糖質」のものにするか、あるいはつまみを「ナシ」にすればいいのではないでしょうか。少なくとも私はそう思います。

私が15年かけて開発した『安部ごはん』には、私が酒好きということもあり、自ら開発した「低糖質のおつまみ」をいろいろ紹介しています。しかも、「魔法の調味料」さえ用意しておけば、手軽に作れるものがたくさんあります。

「イカ焼き」だって、焼いたイカに「かえし」を絡めるだけ、「焼きささみの梅和え」も「みりん酒」があれば簡単にできます。

安部氏が開発した「かえし」さえ用意すれば、簡単に作れる「史上最強のイカ焼き」(撮影:佳川奈央)
安部氏が開発した「みりん酒」さえ用意すれば、簡単に作れる「気がきく大人の焼きささみ~梅和え~」(撮影:佳川奈央)

少し時間があって「本当においしいつまみ」を食べたいビール好きの人には、「チキンバー」もおすすめです。「こんなにかみごたえがあり、鶏肉の凝縮したうま味が感じられるレシピが、自宅でできるのか」と、実際に作った人が驚くほどの「手羽肉専門店の味を再現した人気レシピ」です。

安部氏が開発した「かえし」さえ用意すれば、簡単に作れる「ガチで食べたい人の専門店のチキンバー」(撮影:佳川奈央)

つまり、何がいいたいかというと、「糖質」といっても、要は「トータルの量」と「摂り方」次第だと思うのです。

もちろん個人の価値観にもよるでしょうが、毎日のようにビールを飲む私に言わせると、「糖質オフビール」で減らせる糖質には限界があるので、そちらを気にして「味」を我慢するよりも、「おいしいビール」を飲んで、その分、「つまみ」を工夫することで、結果的にトータルの糖質を減らしたほうが、よほど楽しく、おいしい食生活を過ごせると、今年70歳を迎えても健康そのものの私自身は、そう強く思います。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT