あなたは大丈夫? 「セックスレス大国」日本

「性の不満足」は夫婦関係のリスク要因

セックスレスといっても、どこから先がセックスレスと呼べるかが人によって違う可能性があるので、この調査では、20~40代で、配偶者か恋人がいて、セックスの回数が月1回未満をセックスレスと定義し、分析しています。

それによれば、30代のセックスレスの比率が19%で、40代(16%)よりも高くなっています。Durex社の調査で、週1回以上が27%にすぎないことと矛盾するように見えるかもしれませんが、Durex社の調査は18歳以上全体を対象としているのに対し、このNHKの調査はパートナーがいる人に限定しています。

実は私は15年ほど前、この調査を基にしたNHKのシリーズ番組に、ちょうどセックスレスの回の解説で出演したことがあります。そのときも述べたのですが、30代のセックスレスの比率が40代より高くなるのは、ある意味で理解可能です。子育てで手いっぱいだったり、仕事が非常に忙しい人が多かったり、「それどころじゃない」と感じる人が多いのでしょう。川の字に寝る住宅事情も一因かもしれません。

だとすれば、ある程度はやむをえないとも言えるでしょう。ただ、2割もの30代がセックスレスで、かつそれに満足しているわけでもないとすると、やはり問題をはらんでいると言わざるをえません。

セックスレスは夫婦関係のリスク要因

セックスレスの女性は、「パートナーとのセックスに不満」と考える比率が43%と突出して高く、セックスレスの男性の21%を大きく上回ります。非セックスレス層では、男女ともほぼ9割が満足と答えているのとは対照的です。

セックスレス層で女性側の不満が男性側の倍もあるのは、女性側が男性側に何が不満かを伝えられないからです。Durex社の調査にあった、「オープンな考え」を持つ人が少ないことから生じる問題です。

また、ックスレスのカップルでは、性に関する話題が「まったくない・めったにない」比率が77%。非セックスレス層の43%を大きく上回ります。つまり、問題を解消する回路さえ存在していないということになります。

性行為は、当然、とても密なコミュニケーションです。セックスレスの場合、その回路が閉ざされているわけで、それを補うには、会話や、共に過ごす時間といった代わりになるものが必要となるはずです。

番組でも強調したのですが、子どもが小さくてそれどころではない、忙しくて時間がないといった場合でも、せめて会話の時間を持つようにする、ハグやキスを絶やさないようにするといった工夫がないと、関係は冷え続けていきます。

そして、それが何年か続くと、もっと触れ合いたいと思っても「いまさらムリ」といった返答が返ってくることが少なくありません。この話題が決して「下ネタ」ではないこと、わかっていただけたでしょうか。放置をすると、取り返しがつかなくなるかもしれません。あなたは大丈夫ですか?

え? その前に相手がいない? だとすると、こんな文章を読んでる場合じゃありません。「書を捨てよ、町へ出よう」ですねぇ……。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。