年末の「強気相場」の後にやってくるもの

黒田バズーカ第2弾で消費税10%は決定的?

中野 その一方で百貨店の高額品売り上げは順調です。

藤野 まさに二極化ですね。

渋澤 でも、消費税率の引き上げをせずに先延ばしすることと、消費税率を予定通り引き上げるのと、どちらのリスクが高いのかを考えてみると、僕は前者の方がはるかにリスキーだと思います。

もし5兆円の税収見込みが崩れたら

確かに、消費税率を引き上げれば、個人消費は短期的に落ち込むでしょう。でも、それは分かっていることですし、十分に織り込める話です。でも、消費税率を引き上げなかった場合のリスクは、まったく読めません。

何しろ、国際公約していることを放棄するわけですから、何が起こるのか、まったく見えない。しかも、日本の国債市場は今、機能がほぼ失われた状態にあります。市場に出てきた売り物のほとんどを、日銀が買い上げている状態ですから、値動きもなければ、売買の流動性も枯れている。

このような状況で、消費税率引き上げによる約5兆円の税収見込みが崩れた時、何が起こるのか。この新しい情報を、今の国債市場では織り込むことができず、大混乱に陥るかも知れません。それは、なかなか国民の目には見えないことですが、実際に国債市場が大混乱に陥ったら、いずれさまざまな形で国民生活に影響を及ぼすことになります。だから、消費税率の引き上げを延期することに対して、僕自身は反対なのです。

中野 確かに、今の渋澤さんの意見には理があります。世界に対して「消費税を10%まで引き上げます」って宣言しちゃいましたからね。

藤野 まあ、やるとしたら1年の延期でしょうか。

渋澤 それでも混乱すると思いますよ。

中野 消費税率を10%に引き上げないという選択肢はないわけですから、延期するか、もしくは予定通りに実施するかのいずれかしかないですね。消費税率の引き上げは国際公約ですから、やらざるを得ないでしょう。恐らく一時的かも知れませんが、消費税率の引き上げによって、景気は落ち込むと思います。

そこは、黒田バズーカと補正予算によってカバーするというのが、今の政府の考え方なのではないでしょうか。消費税率を8%から10%に引き上げることによって入ってくる増税分が約5兆円ですから、それに匹敵する程度の補正を組み、加えて黒田バズーカ第2弾として、さらなる量的緩和政策を実施した、いうシナリオでしょうね。

次ページ日本の株価も年末にかけて強気で良い?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。