(第35回)なぜ日本だけがデフレになるのか

(第35回)なぜ日本だけがデフレになるのか

これまで述べてきたように、日本が1990年代の半ば以降長期にわたる停滞に陥った基本的な原因は、新興国の工業化である。韓国、台湾、そして中国が工業化し、安い労働力を使って安い工業製品を生産できるようになったことが日本の製造業の成長を抑え、経済停滞とデフレをもたらしたのだ。

この考えに対する反論として、「仮にそうなら、なぜ日本だけが影響を受けるのか? アメリカも他の国も、日本と同様の影響を受けるはずだから、日本だけが停滞したのはおかしい」と言われることがある。そして、「日本の停滞の原因は日本に固有のもの。特に金融政策だ。したがって、一層の金融緩和が必要」と主張される。これが、いわゆる「リフレ論者」の意見である。しかし、この考えは短絡的で皮相的なものだ。これについて以下に述べよう。

まず、95年から2009年までの消費者物価の推移について、日米両国を比較してみよう(下表を参照)。

アメリカでは、この間に平均年率2・5%の上昇が続き、09年の消費者物価の水準は95年の1・41倍になった。これに対して日本は、同期間中、年平均0・03%の下落となり、09年の水準は95年より0・4%低くなった。

このように、日本とアメリカの物価動向は、大きく違う。日本はデフレになったが、アメリカはならなかったのである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。