アップルは「iPhoneだけの企業」になった?

「一極集中&ハロー効果」が鮮明に

iPad Airは薄型軽量化によって人気を博したが、その需要も長続きしなかった。iPad Air 2は、薄型化とTouch IDがメイントピックで大きな進化とは言えない。ライフスタイルの中で、「手で持ち運べる大画面」以上の特徴を訴求できなければ、iPhoneとの棲み分けや旺盛な需要の喚起は難しそうだ。

ホリデーシーズンには更なる飛躍も

2015年初頭には「純性アクセサリ」のApple Watchが貢献

市場はアップルの決算に対して高評価だ。2014年第4四半期決算発表後の取引となる米国時間10月21日の株価は、取引開始直後から急伸し、再び100ドル台を回復し、102.47ドルで引けた。2014年1月にアップルは株式を7分割しており、100ドル台というのは、2012年9月のiPhone 5発売時につけた最高値を超えるものだ。

次の決算発表は1月下旬に行われるとみられる。ここに含まれるのはホリデーシーズンのiPhone 6・iPhone 6 Plusの売り上げだ。強気の予測では6000万台の売り上げを見込む声もある一方で、これに生産が応えられるかどうかにも注目される。

Yahoo! Financeには、今回の決算を受けて、「アップルはiPhoneだけの企業になった(それでOK!)」という記事が掲載された。アップルの利益の7割がiPhoneから得ているものだと指摘している。一方で、iPhoneが他の製品を消費者に届けるパイプラインの役割をしているとの主張は、筆者が述べてきたものと一致する。

その上で、おそらく2015年第2四半期(1~3月)決算には、2015年初頭にリリースが予定されている「Apple Watch」が含まれてくることになる。これは単体で動作するものではなく、アップルが自らプロデュースする、れっきとしたiPhone向けのアクセサリだ。「iPhone企業」としてのアップルの戦略に向けてリリースされる初の製品となる。どのように作用するか、引き続き注目していきたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT