日本人の間で進む「潔癖を求める社会」のリアル 「世の中をきれいに」という漂白化の行き着く先

印刷
A
A

彼らはこのところオンライン講義が増えている。それは学校だったり、塾・習い事だったりする。

先日、聞いて驚くことがあった。塾でのオンライン講義のとき、ある生徒の発表時にイヤホンをミュートすることが多いという。息子も友人たちも理由は明確に教えてくれなかったが、いつもつまらないことを話す生徒だという。息子はその子をミュートしていなかったとは思う。が、それでも、ある種の示唆を子どもたちから教えてもらうことになった。

かつてなら、「いつもつまらないことを話す」生徒であっても、ぶつかりながら成長していたかもしれない。しかし、現在では、「いつもつまらないことを話す」生徒は、その生徒が知らないあいだに、ミュートされて消えてしまうのだ。漂白化されて、事実上はいなくなってしまう。

漂白化される社会

これまで、いくつかの例を挙げながら、すべてが漂白化される社会の一端を述べた。漂白化とは、そのままの意味では「白くなる」ということだ。表面的な綺麗さが求められ、汚さは排除される社会。

ただ、ややこしいことに、私はこの風潮に反対したいかというとそうでもない。というのもビジネスでは世間や風潮に追随せねばならない。究極的な意味で世の中は間違っているかもしれないが、それを嘆いても仕方がない。私たちにできることは、むしろ漂白化する社会を利用することだろう。

何よりも、この世の中が急速に漂白化していることを、具体例とともに知ることなのだ。次回以降は漂白化する社会の実例を述べつつ、追随するための現実的な解答を説明していきたい。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT