「あの店も、この土地も、わしのものや」

あれこもこれも自分のもの、そう思うと楽しい

そうこうしていると、車は、平野屋の近くになってきた。

そのとき、松下が、「きみ、この辺の土地は、みんな、わしのものや。それだけではない。これから行く平野屋さんも、わしのものや」と言う。

驚いた。「えっ!そうですか」と思わず、応じた。はあ、さすが、松下さんだ。そうだったのか。すごいな。だから、平野屋さんと言ったのか。こんなこともやっていたのか、と思った。すぐに、「知りませんでした!」と、横の松下の顔を見ると、にこりと笑って、こう言った。

「まあ、そういうように、物事、考えたら、楽しいんやないかなと。この辺の土地は自分ものや。けど、ここの管理まではできん。それで、ほかの人に頼んで、活用してもらっている。そう思ったら、ここにゴミを捨てようとか、思わんやろ。きみは、自分の家の庭に、ゴミや紙くずを捨てることはせえへんわね。それと同じや。

これから行く平野屋さんも、自分のもんやと。自分は電器屋をやっていて、とても手が回らんから、それでいろいろな人に、やってもらっているんやと。だから、鮎もタダや、料理もタダや、ということやね。けど、その鮎を焼いてもらったり、料理をつくってもらった、ということに対してのお礼というか、それ相当の心付けはせんといかんわね。だから、おカネを払うというのではなく、みなさん、ありがとう、ご苦労さん、ということになる。そこに、感謝の気持ちも自然に出てくる。そう考えたら、面白いなあと、いま、ふと考えたんや。どやろうか」

思い込みが人間を変える

この人、面白い考えをする人だなあと思いつつ、内心、キツネにつままれたような思いをしたことがあった。だが、考えてみると、確かに一理ある。たとえば、電車。いや、バスでもいい。われ先に席を奪い合う光景は、都会ではよく見られるし、それどころか、私自身、いつも、急いで座席を確保しようとしている。

しかし、松下の、このような考え方をすると、心持ちも違ってくる。電車に乗ろうとする。この電鉄会社は、私の会社だ。しかし、自分は別の仕事をしていて、忙しいから、他の人に経営をしてもらっている。ということになれば、座席取りも、急いで、という考えはなくなる。この電車に、たくさんの人が乗ってくれる。どうぞ、どうぞ、皆さん、お座りください。私は、結構ですよ。この電鉄会社のオーナーですから、という気分になる、かもしれない。

そうすれば、譲り合いも、あるいは、好ましくない行為も出来なくなる。なにせ、乗客皆さんが、大事なお客さんということになるからだ。

松下幸之助のさまざまな発想に、以降、幾度も驚きと納得と面白さを感じたものである。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT