「Zoomが使えない50代課長」が会社に招いた大損失

「え?Zoomって録画できるんですか?」

しかし、このような人口ピラミッドの組織は稀だ。規模とは関係がなく、歴史が長い企業ほどベテラン人材の割合は増える。だからどうしても二世帯組織になるのである。

「二世帯組織」の特徴は、メンバー間の価値観が大きく異なることだ。

「ミレニアル世代」は20代前半から30代後半くらいと言われ、2021年流行語大賞にノミネートされた「Z世代」は、さらに下の世代を指す。

ミレニアル世代が相手ならともかく、Z世代に対して、「テレワークは生産性が落ちる。出勤しなさい」「東京で3日間の合宿研修を受けてきなさい」「明日は午後から半日会議だ」などと言ったらどうなるか。「古臭い」「昭和か!」「効率悪ッ」と受け止められるだろう。パソコンよりスマホ。電話よりショートメッセージを使う世代に、「お客様とヒザを突き合わせて」とか「夜遅くまで働いているヤツが偉い」的な価値観はご法度なのだ。

おじいちゃんやおばあちゃんが、「もっと残業してお金を稼ぎなさい」「男なのに、育休をとるなんておかしい」「離乳食は、親が口の中で柔らかくしてから食べさせなさい」と、子ども世帯の夫婦に口出ししているのと似ている。

単なるジェネレーションギャップなら、対話を繰り返すことで解決の糸口は見えてくる。しかし知識やスキルにギャップがあるなら大きな問題だ。企業であれば、組織成果に関わる無視できない問題に発展する。そう。二世帯組織の特徴は、価値観のみならず、知識やスキルにもギャップがあることだ。

要因は以下の3つではないか、と私は考えている。

①少子高齢化
②働く期間の長期化
③テクノロジーの進化

もちろん「少子高齢化」が最大の要因だ。次に「働く期間の長期化」。人生100年時代。定年制が撤廃されるかもしれない現代。60歳以降の層が分厚くなるのは当然だ。

忘れがちなのが「テクノロジーの進化」である。平成の時代までならよかった。20歳離れた上司から指導されても、受け入れられた。しかし今は環境の変化スピードが速すぎる。速すぎるから、変化を正しく受け入れられない人のほうが多いのだ。

部下育成に悩む50代営業課長の悩み

私が現場で支援をしているとき、ある50代の課長がこう言った。部下育成に悩む、マジメな営業課長だ。

「もっと時間があれば、部下たちにしっかりOJTができるのですが」

この課長はプレイングマネジャーだ。みずからも組織の目標を背負い、部下指導にあたっている。全国の得意先を回ることが日常なので、なかなか部下たちの営業活動に同行できないと言うのだ。

「部下とは定期的に面談しています。しかし実際に現場を見てみないと、正しく指導ができないんです」

このように課長は嘆くが、私の反応は冷めていた。

「だからZoomを使ってオンライン商談をすればいいでしょう。日本全国の取引先と接点を持つのに、3分の1の時間でできます」「時間短縮、経費削減のためではなく、従業員エンゲージメントを上げるためにも、オンラインで商談できる先とはそうしたほうがいい」

これは私だけでなく、部下たちの意見も同じだ。しかし、どんなに説得しても、この課長は首を縦に振らない。

「それじゃあ、私も部下と一緒にZoomに入って、商談を見学しろというのですか?」

「録画機能を使えばいいでしょう。録画した動画を早送りして、大事な部分だけチェックすれば、OJTができますよ」

「え? Zoomって録画できるんですか?」

「そんなことも知らないんなら、若い部下たちを引っ張ることなんてできませんよ」

いろいろ理由をつけては新しいテクノロジーには及び腰の課長。SNSも使わないし、部下との対話は「飲みにケーション」がメイン。これでは若い部下と関係を築くことは難しい。

次ページテレワークができないから辞めた20代の若者も
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT