(第39回)【変わる人事編】増大し始めた外国人新卒採用。中国人は7万3000人弱

 しかし、ベースとなるアンケートがあまり信用できない。企業に対しても学生に対しても、メールやWebによるアンケート調査であり、回答する企業や学生は、かなりアクティブな属性を持っていると考えられるからだ。つまり実態よりも良い結果になりがちだ。

●就職ナビの掲載社数で2012年度新卒採用戦線がわかる

 企業の採用意欲をもっとも良く示しているのが、就職ナビ掲載の企業数だ。このデータにはアンケート回答者のような偏りがなく、全体の傾向を知ることができる。毎日コミュニケーションズは7月29日に「2010年度 就職戦線総括」を発表し、その中に「マイナビ」掲載社数を挙げている。
 2月末段階のデータを見ると、
             2011年卒   2010年卒
マイナビ掲載社数    6212社    7184社
セミナー情報掲載数   3726社    4754社

 掲載社数は2010年卒から1000社近く減っている。2008年卒までは1万社近くの掲載社数があったから、減り続けている。また2月といえばセミナー真っ盛りの時期だが、1000社以上も減っている。
 就職ナビに掲載しながら、セミナーという採用活動を手控える企業が多かったのだ。2011年度の特徴は、プレエントリーが激増し、セミナーへの出席希望が殺到したことだが、セミナー自体が少なかったのかもしれない。

2012年度の就職ナビのオープンは10月1日。2011年度の就職ナビは5000社程度が掲載されていたが、プレエントリーを受け付ける企業は少なかった。2012年度の就職ナビはどうなっているのか? その数字から2012年度就活環境が占える。

●円高の行方が2011年度、2012年度新卒採用に影響する

 2012年度の就活に大きな影響を及ぼすのは円高だ。春先には1ドル=95円に届くこともある水準だった。先ほども触れたが、この頃に景気の回復感は確かにあった。ところが6月後半から円は上がり始め、9月には1ドル=83円台になる日も多くなった。円が最高値をつけたのは1995年4月のことで、瞬間的に80円を切ったこともあった。
 今回はどうだろうか? 金融相場は流れで動くから、70円台になってもおかしくない。マクドナルドのハンバーガーの日米価格から計算すると、1ドル=60円が適正と書く週刊誌もある。経済評論家の中には「50円」という人さえいる。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT