(第39回)【変わる人事編】増大し始めた外国人新卒採用。中国人は7万3000人弱

(第39回)【変わる人事編】増大し始めた外国人新卒採用。中国人は7万3000人弱

佃 光博

 2011年度新卒採用戦線で大量に未内定学生を積み残したまま、2012年度新卒採用戦線がスタートする。夏季休暇中のインターンシップを実施する企業が増大しており、実質的な採用活動はスタートしているとも言えるが、インターンシップは業界や企業の理解を深める目的のものが多く、インターンシップでのコンタクトが内々定に直結することは極めて少ない(「ない」と断言はできないが)。

2012年度新卒採用戦線にはこれまでになかった特徴がある。新卒採用の対象が日本人学生だけでなく、外国人学生に広がっていることだ。

●景気の最悪期に行われた2010年度新卒採用戦線

 2000年代の就職戦線を概括すると、2003年まで就職氷河期が続いたが、2004年から空気は一変し、2009年度まで売り手市場が続いた。しかし2008年9月のリーマンショックによって景気は世界的に減速、2009年度採用でも内定切りが出るに至った。

 企業の新卒採用計画は、卒業年度の前々年の夏ごろまでに立てられる。2010年度新卒採用計画は、2008年夏に立てられていた。リーマンショックが起こる前のことだ。この段階では2009年度採用と似た採用数が予定されていたはずだ。
 しかし事態は大きく変わる。リーマンショックの影響は、2008年の秋(9月、10月初め頃)までは軽微と思われていたが、冬から深刻な様相を呈し、2009年は内需型、外需型の両方の産業が大きなダメージを受けた。中途採用動向の数字を見ると、回復し始めたのは昨年末からであり、実感できるようになったのは今春からだろう。

 つまり、2010年度新卒採用戦線は景気の最悪期に行われたというわけだ。卒業生の60.8%しか就職できなかったわけだが、必ずしも学生の努力が足りなかったとは言えない。中堅中小企業を志望すれば就職できた学生は多くなるはずだが、それでも6割が7割、8割になるとは思えない。
 2011年度新卒採用でも状況は悪い。リクルートワークス研究所が5月の連休前後に発表する大卒求人倍率は、2010年卒の1.62倍から2011年卒は1.28倍と急低下した。もっとも、就職情報サービス会社の中には「採用に回復の兆し」というメッセージを発し、「採用企業数に大幅な減少は見られず、採用数は変わらない」と分析するところもある。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。