(第39回)【変わる人事編】増大し始めた外国人新卒採用。中国人は7万3000人弱

 英語は世界の公用語であり続けるだろうが、アジアにおいては中国語が重要だ。9月6日に東洋経済新報社主催のセミナー「HRフォーラム」があり、コマツ、日本GE、楽天の人事執行者によるパネルディスカッションが行われた。コマツは建設機械の世界的大手だが、今年の研修を中国で行ったという。またビジネスの世界では、今や英語ではなく中国語が最重要言語であり、次にスペイン語と英語が同程度の位置、その次がフランス語と話していた。スペイン語は南米、フランス語はアフリカで使われる言語だ。
 「グローバル」という言葉はアメリカを意識して使われ、言語は英語という刷り込みがあった。現在は中国市場が世界経済の牽引車だから、中国語ニーズが強まっている。しかしコマツのように五大陸すべてで活動していると、スペイン語、フランス語の必要性が見えてくるのだろう。
 コマツは1970年代から世界に進出した歴史を持つグローバル企業だが、国内企業も存続、成長するにはグローバルなビジネス環境に対応する必要がある。

 しかし就活学生の意識と行動を観察すると、内向き志向でこのようなグローバル志向に欠けている。就活意識も強迫観念に取りつかれているように見える。「企業に気に入ってもらわないと内定をもらえない」「気に入られるにはエントリーシートを上手に書かなくてはならない」「面接ではいい印象を与えなくてはならない」と思い込んでいる学生が多すぎる。しかし化粧と演技では内定はもらえない。

 就活は学びの機会である。社会、世界、産業、企業、仕事と多くのことを考えて成長しなくてはならない。その成果を企業は見たいと思っているのに、学生はトンチンカンな就活に走っている。
 重要なのは視点だ。グローバルな視点から産業や企業について考え、その考えをエントリーシートや面接に反映させていくのが就活の本道ではないだろうか。

佃 光博(つくだ・みつひろ)
早稲田大学文学部卒。新聞社、出版社勤務を経て、1981年、(株)文化放送ブレーンに入社。技術系採用メディア「ELAN」創刊、編集長。84年、(株)ピー・イー・シー・インタラクティブ設立。87年、学生援護会より技術系採用メディア「μα(ミューアルファ)」創刊、編集長。89年、学生援護会より転職情報誌『DODA(デューダ)』のネーミング、創刊を手掛ける。多くの採用ツール、ホームページ制作を手掛け、特に理系メディアを得意とする。2010年より、「採用プロ.com」を運営するHRプロ嘱託研究員を兼務。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT