『食べて、祈って、恋をして』--成長するインドに頼るのも一案《宿輪純一のシネマ経済学》

この『食べて、祈って、恋をして』という表題は、原題を柔らかくした邦題かと思ったらそうではない、原題も『Eat Pray Love』とまさにそのままなのである。その名のとおり、片意地を張らない、いい作品である。しかも、作者の自伝的(ベストセラー)小説なのである。この3点は女性が探究したいポイントを選んだといわれている。

ニューヨークでジャーナリストとして大活躍する主人公エリザベスを演じるのはアカデミー賞女優のジュリア・ロバーツ(42)である。1990年にリチャード・ギアと共演した『プリティ・ウーマン』でブレークし、2001年の『エリン・ブロコビッチ』でアカデミー賞の主演女優賞を受賞した。

なんと今回が初来日で、日本嫌いとのうわさもあったほど。初めて彼女にお会いしたが、驚いたのはそのスタイルの良さであった。意外なほど頭が小さくモデル体系で、10頭身にも見えるほどであった。知られた話であるが『プリティ・ウーマン』のベッドシーンが代役だったことも気になっていた。

彼女はとても気さくな感じの方で、楽しくあっさりとした記者会見であった。ヒンドゥー教に改宗したとの噂も流れていたが強く否定し、「神戸牛を食べにも行くし」と言っていた。その割に3人の子供にはヒンドゥー教のスピリチュアル・ネームをもらっていたが。

さて、本作であるが、エリザベスはニューヨークで離婚と続いて失恋を経験し、それまでの生活が嫌になる。そこで、心機一転。自分探しというか、無理をしないで自分のやりたいことをする旅に出る。まずはイタリア・ナポリで、おいしいイタリア料理を食べまくる。実においしそうである(ちなみに実はナポリタンというスパゲティは、本当はイタリア料理ではなく、日本で作られた料理である)。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。