トヨタは下期赤字転落も、「円高直撃」の悲鳴と憤怒

ついに一時、1ドル=83円台をつけた為替相場。産業界は憤りを隠さない。「(本社のある浜松から)東京に悲鳴が聞こえてほしい」(鈴木修・スズキ会長兼社長)、「日本から工場がなくなる危機感を国、日銀が持ってほしい」(中村健一・日本工作機械工業会会長)と、みな恨み節だ。円高に翻弄される各社を追った。

円高の直撃を受ける代表格がトヨタ自動車である。

同社の営業利益は米ドルに対し1円円高で300億円減る。目下国内ではエコカー補助金で好調だが、10月から剥落し、欧米景気の先行きも懸念される。2011年3月期下期の会社側の営業利益計画はわずか600億円。1ドル=90円前提のため、1ドル=85円で推移すれば、下期は営業赤字になる計算だ。

リーマンショック後の大減産で赤字に転落したトヨタは、1ドル=90円を前提に、損益分岐点を世界生産700万台まで引き下げることを目指してきた。計画では今期の販売台数は738万台(前期比2%増)。生産体制もグローバルに見直してきたが、そうした努力を追い抜くスピードでの円高にはお手上げだ。

第1四半期決算発表時、ホンダはさらに円高へと見直した。通期の前提は1ドル=90円、1ユーロ=120円だったが、下期のみ85円、110円で想定。ホンダにとって1円円高は、ドル・ユーロ併せて営業利益を185億円押し下げる。トヨタより少ないが、影響は決して小さくない。

仮に1ドル=85円が定着したり、80円への接近が現実のものとなったりすれば、企業はどう対応するのか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT