トヨタは下期赤字転落も、「円高直撃」の悲鳴と憤怒

拡大
縮小


通貨高を武器に買収も

一般に円高では、企業はマイナスのイメージしか持たないが、逆に通貨高を武器にする戦略は十分にありうる。それが輸出企業であってもだ。

たとえば輸出比率が68%に上る日本電産。8月18日には米国の電機大手エマソン・エレクトリックのモーター事業買収を発表した。買収金額は500億~600億円程度とされるが、円高でドル建ての買収余力が高まったからこそ、可能になった案件だ。

「世界的に優位な位置にいようとするには、グローバルネットワークを持っていなければならない」と、永守重信社長は積極的に世界に打って出る姿勢を崩さない。

財務省の統計によれば、国内企業の現預金残高は144兆2400億円まで膨らんだ(10年3月末、金融・保険除く)。この水準は実はバブル期の1990年以来ということを忘れてはならない。豊富に積み上がった余裕資金をいかに活用するか。経営者はただ現状を嘆くだけでなく、円高を生かした“攻め”の経営が今、問われる。

(円高取材班 =週刊東洋経済2010年9月11日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT