"低温発酵熱"こそが、社会を変えていく

コウノトリのまちが地味に進めたこと(下)

坂之上:「先進課題国」と言われている日本の回答のひとつを聞いているような気がします。誰かが全部解決してくれるって他人ごとにしていたところを、自分ごとにしていく。

中貝:そうですね、大人になるということだと思います。

坂之上:環境問題にしても反原発にしても、憲法でも、何にしても、純粋な人達がお互いを傷つけあっていて、結局なんだか、よい方向にいっていないような。

中貝:人の気持ちをよくよく観察していると、人の気持ちが変わるにはとても時間がかかるということがわかります。これはもう、必然なんです。

だから、「今すぐ」、「直ちにすべての」という主張をしてはいけない。そこはしんぼう強く待たないといけない。

白黒つけずに、移ろいゆく人の気持ちをじっと待つ

坂之上:人間関係って、家族でも職場でも、しんぼう……いりますよね。

中貝:気持ちが変わるようにいろんな働きかけをしながら、みんなの心が変わるまでひたすら待つ。だって、その人のハートに響いて、本人が自分で納得しなければ、人は動かないわけですから。

それをお前はもうダメだと中途半端なところで切ってしまうと、そこで終わりなんです。今まさに変わっている途中の人を、賛成してくれる人か、反対する人かって、白か黒かでとらえるのではなくて、「変わりつつある」というふうに見ていく必要があるわけです。

坂之上:「変わりつつある」という、グレーな途中経過を大事にするというということですね。

中貝:ずっと自分に言い聞かせてきたのは、いろんな矛盾は腹の中でじーっと抱えて、時の経過の中で解決するんだということでした。

坂之上:でも、なかなかわかってくれない人が邪魔したりすると、イライラしませんか(笑)?

中貝:しますよ、それは(苦笑)。早くわかってもらえるほうが嬉しいに決まってますし。

だけど、政治家として僕がやるべきことは、たくさんの人に働きかける方法を考えて、それをしたたかにやることです。そのうえで、しんぼう強く待つ。

坂之上:なんだかコウノトリの子育てと似ていますね。矛盾はおなかの中でじっと抱えて、ゆっくり時の経過の中で解決するのだって、いうお話、とても参考になります。

今日は深いお話、ほんとうにありがとうございました。

(構成、撮影:石川香苗子)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT