「会議睡魔」に襲われないための意外な3つの食材

脳のパフォーマンスを高める「低GI食」とは?

忙しい時期や休み明けの会議で起きやすい「会議睡魔」。この会議睡魔の原因と対応策をご紹介します(写真:nnudoo/PIXTA)
「よりによって、大事な会議中にうとうとしてしまった」「眠すぎて集中力がもたなくて、内容がまったく入ってこなかった」。忙しい時期や休み明けの会議などは、特にこのようなことが起きやすいといいます。自分の意思に反して襲ってくるこの現象を表現するならば、「会議睡魔」。
この困った現象。やる気などの意志ではなく、食事に原因があることがあると話すのは脳科学者・西剛志氏。この会議睡魔の原因と対応策を、彼の最新書籍『脳科学者が教える集中力と記憶力を上げる 低GI食 脳にいい最強の食事術』より一部抜粋、再編集してご紹介します。

「会議睡魔」の原因の1つは脳のエネルギー不足

会議のときに眠くなる。いわゆる「会議睡魔」。

これってやる気がないから? 能力が足りないから? 意思が弱いから?

いえ、決してそうとは限りません。問題は、食事にある場合があるかもしれないのです。

考えたり、記憶したり、計算したり、思い出したり。脳を働かせるにはエネルギーが必要です。そしてそのエネルギーは、食事でしか補充できません。ですから、脳を働かせるためには、エネルギーが必要であり、エネルギー不足になると、集中力が切れたり、思考能力が落ちたりして眠くなるという現象が起きるのです。

突然ですが、みなさん、会議の前にどのような食事をしていますか?

・資料づくりとかが忙しい。もしくは、会議終わってからゆっくり食事したいので、何も食べない

・気合い入れるために、がっつりとしたご飯を食べる!

これらは、すべて会議中の眠気や集中力の欠如を生み出す恐れがあります。なぜなら、両方とも脳のエネルギーが枯渇する可能性があるからです。何も食べないとよくないのは想像しやすいかもしれませんが、がっつり食べたのにエネルギー不足?と首をかしげた方もいらっしゃるかもしれません。ただ、精密機械以上に精密な人間の身体は、そう単純ではありません。

実は糖質をたくさん摂りすぎると、血中のブドウ糖の濃度(血糖値)が異常に高まってしまうため、脳が血糖値を下げるためにインスリンを出せ!と指令を出します。すると、急上昇した血糖値が、急降下してしまう「血糖値スパイク」という現象が起きてしまうのです。その結果、ブドウ糖が細胞に急速に取り込まれるため、血糖値がジェットコースターのように下がり、脳のエネルギー不足を引き起こしてしまうことが数多くのリサーチで示されています。

食べすぎて満腹になると、頭がぼんやりしたり、やる気が起きなくなったり、簡単なミスをくり返したり……。こんな経験はないでしょうか。これこそ、食べすぎによる「血糖値スパイク」が引き起こす低血糖が原因なのです。

次ページ約2割の人に血糖値スパイクが見られた
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT