「もし息子がいじめられたら」児童精神科医の答え

いじめっ子は「何らかのストレス」を抱えている

これから思春期に入ると、それがもっともっと重要になってきます。家庭にくつろぎの場がないと、外で「くつろぎ」を求め、友達の家を泊まり歩いたり、非行に走ったりする子もいます。非行に走る勇気のない子は、不登校になったり引きこもったりすることも少なくありません。

健全な人間関係の土台は親子関係です。親に思いっきり甘えて依存して、その安心感を持ち運ぶようにして子どもは外に出ていきます。家庭が本当の意味で依存の場になると、子どもは自立の方向に向かってちゃんと歩いていくのです。

家庭の中で自分の価値を自覚できる

『この子はこの子のままでいいと思える本』(主婦の友社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

まずはお兄ちゃんに「今日は何が食べたい? あなたが食べたいもの、作ってあげるよ」と言ってあげてください。ほかのきょうだいがいてもいいですよ。そっと小声で言ってあげるんです。すぐに準備できないものなら、「今日は無理だけど、明日か明後日、買い物してくるから待っててね」と伝え、「ダメよ」と否定はしないでください。

夕ごはんが無理なら朝ごはんでもいいですね。「卵は何がいい? 目玉焼きでもゆで卵でもなんでも好きなものを作ってあげる」と。親に希望を言えれば、弟や妹より少しだけでも大事にされていると思うことができます。家庭の中で自分の価値を自覚できるのです。

それをしばらく続けていったころ、「あれ、弟や妹をたたかなくなったな」と気づくはずです。ぜひ、試してみてください。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT