三谷幸喜が前立腺がんの病歴を明るく振り返る訳 同じ不安を抱える人のために彼は立ち上がった

印刷
A
A

その後の検査でも骨への転移がないとわかり、頴川は「治せます」「(手術も)僕がやれば大丈夫です」との姿勢を崩さなかったという。ドラマ脚本の執筆締め切りを考慮した三谷は、翌2016年の正月明けに手術を受け、『真田丸』の放送初回は入院中のベッドで見た。放射線治療は行わず、頴川の執刀で前立腺を全摘。三谷は、「頴川先生のキャラクターも含めて、不安になる要素がひとつもなかった」と本書で明かしている。

手術当日の気持ちや、その後のあれこれ。術後の経過で「大河ドラマでいうと何話目ですか」と頴川に聞いたエピソードや、男性機能の復活など、当事者ならではの体験や感情、そして専門医である頴川の側から語る前立腺がんという病気、医師・頴川と脚本家・三谷それぞれの仕事論などが、笑いや色彩豊かに二人の間で語られている。

生きる確信のある人間が生き残る

インタビューで、三谷は自らを「僕はとてもラッキーながん患者だという気はします」と言った。「痛いとか、つらいとかということはずっとないので。本当にいまだに本当に前立腺がんだったんだろうか?とか、本当に(がんの事実を)オープンにしたんだろうか?というくらいな感じですからね」

(撮影:今 祥雄)

だから、前立腺がんは治るのだ、ちゃんと検査を受ければ、もしがんが見つかったとしても治るものなのだとポジティブなメッセージを伝えたいと熱を込める。

「まず、僕自身が前立腺というものに対して何も知らなかったんですね。だから、がんかもしれないという話になった時に、それ以降、自分がどんな運命をたどるのかということがすごく怖かったんです、当然ながら。病気自体に不安はなかったんですけども、何をされるんだろうか、どんな検査をするんだろうか、手術ってどんな感じなんだろうか、そのあとどうなっていくのかってまったくわからない中で、いろいろな体験をさせていただいた時に、もともとこれを知っていればどれだけ不安が解消できただろうかと強く感じて」

「無駄な不安は解消できたらそれに越したことはない。こんな経緯をたどるんですよ、ということをいちばんわかりやすく伝える手段はなんだろうかと考えて、こういうかたちに落ち着きました」

次ページ術後5年の経過は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT