「仕事パツパツです」SOS出せない組織の根深い病

リモート出遅れ企業が信頼関係を築けない理由

部下がSOSを出せない組織の根深い病とは……? (写真:shimi/PIXTA)
ハーバード・ビジネススクールのアシスタントプロフェッサーにして、心理学者のアシュリー・ウィランズが書いた『TIME SMART(タイム・スマート)』。効率性一辺倒ではない、異色の時間術の本だ。「お金より時間が大事」「生産性向上はタイム・リッチ(時間的に裕福な状態)から」「まず、健康で幸福な生活を送る、その後、生産性・創造性が上がる」と説く。
今回は、ジェンダー平等をミッションとして、コミュニティー事業やクラウドファンディング事業を展開する株式会社Kanattaの井口恵氏が、生産性を上げながらも、「タイム・リッチ」に働くためのポイントについて語った。

自分の時間を自由にコントロールする

私が起業したのは、自分の時間をもっと自由にコントロールしたいという思いからでした。監査法人で会計士として勤務していた頃は、連日深夜3時から4時まで働くこともありました。

『TIME SMART(タイム・スマート)』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

当時はまだ社会人1年目で、体力はありましたが、上司は10歳ほど年上の女性管理職の方で、深夜3時まで働いて帰宅し、朝5時には起きて、家族の3食分の食事を用意してから出社していると聞いていました。つまり、寝ていないんですよね。そこまでしないと、この会社では出世できないのかと驚きました。

そして私自身、仕事中に倒れてしまったんです。目を覚ますと先輩に囲まれていて、「大丈夫? 今日は帰っていいよ」と。その時点ですでに23時頃だったのですが、私は、「もう帰っていいの? ラッキー!」という感覚でした(苦笑)。さすがに「私、ヤバイかも。これが一生続いたら死んじゃうかもしれない」と思いましたね。

その後、LVMHに転職しました。女性が8割の会社で、子育て中の方がほとんど。そこでは、一転して「残業をするな」と言われていました。監査法人では、「明日また別の仕事が降ってくるかもしれないから、今日できることは、終電を逃しても、今日やってから帰れ」でしたが、LVMHでは、「明日できるなら帰って」です。

ただ、定時に上がる企業文化でも、成果主義ですから、限られた時間でどれほど仕事しているかを見られます。会計士時代は、とりあえず出社して、さあ今日はなにをしようかと考えて仕事を始め、夕方になると「まだあと7時間あるな」という感覚でした。

次ページ朝はまず、その日のスケジューリングを綿密にする
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT