ハーバード流は、「アメトーーク」で学べ?

一流とは、ひな壇でもキラリと光る人!

「アメトーーク」をここまで育て上げた立役者、加地倫三ゼネラルプロデューサー(撮影:今井 康一)

②の代表格は、もちろん「アメトーーク」。雛壇に座っている芸人さん全員が主役です。VTRも最小限。60分間、ほとんどがトークです。実際、トークだけで1時間持たせるというのは大変ですが、そこに加地倫三ゼネラルプロデューサーを中心としたスタッフの戦略と創意工夫があります。

加地さんの著書『たくらむ技術』(新潮新書)によれば、テーマの設定、キャスティング、芸人さんの座る位置、トークの構成に至るまで、すべて計算されているそうです

ハーバードの授業では、雛壇に90人の学生が座っていて、教授が司会=雨上がり決死隊の役割を担います。アメトーークとは違って座席は決まっていますが、ひとつのテーマで80分間、ひたすらトークするのは同じ。きょうのテーマだったら、この学生をあてよう、この学生ならこう反論するだろう、と教授がプロデューサーさながらにキャスティングを決めていきます。

「アメトーーク」もハーバードの授業も、“雛壇に座っている人たちの意見を最大限に引き出し、トークを盛り上げる”という点では、戦略が共通しているのです。

「採点」されるから、雛壇の人は磨かれる

雛壇に座っているタレントも学生も、毎回、採点されるという点でも共通しています。ハーバードでは成績の半分が授業での「発言点」。つまりどれだけトークを盛り上げたか、何回発言したかなどで、成績が決まるのです。ハーバードは成績評価に厳しく、毎年、何人か卒業出来ない人がいることで有名。一つひとつの発言に卒業がかかっているのですから、1秒たりとも気が抜けません。

一方、「アメトーーク」でも、毎回、芸人さんは採点されているも同じ。それが明確にわかるのが、“自分の発言が60分間のうち何分放送されたか”です。1時間番組を2時間以上かけて収録しますから、編集によって、発言の取捨選択が行われるのです。何分採用されたかによって、次回の出演が決まる。ここで成功すれば、有吉弘行さんのように、どん底から大ブレークすることだって可能。芸人生命を懸けて出ている人だっているでしょう。

加地プロデューサーは、著書の中で、「トークとプロレスは似ている」と述べていましたが、採点されているからこそ芸人さんは真剣勝負になり、トークが面白くなるのです。

次ページ千鳥の東京進出についての、問題解決型議論
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。