カリキュラムが教育と元々無関係の言葉だった訳

ひとつの単語の意味がその周辺へと広がった

学校など教育現場で使われる「カリキュラム」の語源とは?(写真:Rawpixel/PIXTA)
言葉というのは長い歴史の中で様々な経緯をたどってつくり上げられてきました。
たとえば「冷たい」という日本語は「爪が痛い」からきているそうです。英語も同じように様々な文化のぶつかり合いや多言語との融合で多くの言葉が誕生しています。
その広大な英語の森に分け入ってひっそりと眠る「語源」を見つける――。英語表現研究家の小泉牧夫氏の著書『アッと驚く英語の語源』より、一部を抜粋、3回にわたってお届けします。
前回:テディベアの語源を知ると意外とビックリする訳(12月21日配信)

まずここでクイズです。

・日本の学校や予備校など教育現場でよく使われる「カリキュラム」。英語ではcurriculum となります。学習内容を系統的に記した計画表で「履修課程」などと訳されますが、さて、その語源はなんでしょうか?
(A) 厳しい掟
(B) 戦車
(C) 「カリキュラム」という人名
次ページ正解は?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT