社会活動に積極的な企業ランキング、トップはデンソー、ソニー《東洋経済調査》

社会活動に積極的な企業ランキング、トップはデンソー、ソニー《東洋経済調査》

企業は利益を得ることが最大の目的である一方、その活動を通じて社会を発展させることも求められる。本業に関連することだけでなく、文化活動支援やボランティアなど企業に期待されている社会活動分野は多岐にわたり、近年ますます広がりを見せている。

各企業にとってもこうした活動を通じて一般社会から信頼感を得ることが、社会の一員として企業活動を続けていくために欠かせない時代となりつつある。

ただ、こうした社会活動の成果を客観的に評価することは難しい。そこで、今回、社会活動の充実度を見るために、東洋経済CSRデータを利用して「社会活動ランキング」を作成した。

評価項目は、消費者対応部署の有無、NPO・NGO等との連携、SRI・エコファンド等の採用状況、CSR調達への取り組み状況、ボランティア休暇制度の有無など19項目(末尾記載のランキング説明を参照)。

各項目の制度の有無や数値情報などを得点化し、ランキングを作成した。ランキング上位であるほど、社会活動に積極的な企業と考えられる。

では、ランキングを見てみよう。トップは100点でデンソーとソニーの2社となった。


8位以下はこちら>>>「社会活動に積極的な企業ランキング上位114社リスト」※「投資お役立ちランキング」欄に掲載

 

デンソーは各評価項目で満遍なく得点を獲得。この中で特筆すべき点がNPOとの広範なかかわり合いだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。