死んだらどこへいくのか、納棺師が出した「答え」

簡略化進む葬儀が「必要」であると考える理由

納棺師の大森さんは、近年簡略化の傾向にある葬儀を「残された人がこの先を生きていくために必要な儀式だと思う」と言います。その理由とは?(写真:dwph/iStock)  
納棺師という仕事をご存じでしょうか――。亡くなった方の着せ替えやお化粧をし、生前のお姿に近づけていく仕事です。その仕事内容については納棺師の大森あきこさんのエピソードをこちらの記事「喪主なのにずっと笑顔、女性と4歳娘の悲しい理由」「亡きお母さんの「におい」探す子へ納棺師の提案」でもご紹介しました。
実は大森さん、38歳のときに営業職から納棺師に転職しました。「今では生と死は、カードの表と裏のように、いつひっくり返るかわからないものだと感じていますが、納棺師になる前の私にとって死はとても遠い存在でした」と振り返ります。ご自身のお父さまの余命をお母さまから聞いたとき、目の前まで近づいてきているお父さまの死を、わざと見ないようにしていたそう。「死は必ず訪れるものなのに、大切な人とのお別れの仕方を誰も教えてくれませんでした」と言います。
近年、葬儀は簡略化の傾向にありますが、4000人以上のお別れをお手伝いしてきた大森さんは、自身の経験から「残された人がこの先を生きていくために必要な儀式だと思うのです」と言います。それはいったいなぜでしょうか。大森さんの著書『最後に「ありがとう」と言えたなら』より一部抜粋し再構成のうえ、いつかはやってくる大切な人との最後をどのように過ごせばいいのか、そのヒントを探ります。

生きていた意味を探す

納棺式というお別れの場で、ご遺族は亡くなった方に声をかけます。まるで生きている人に話しかけるように。大切な人を失ったご遺族の中では、故人が、納棺式という短い時間の中で生と死の間を何度も行ったり来たりしているのです。

納棺式でご遺族は、故人が生きていた頃の思い出のかけらを見つけ、つながりを感じ、その人の生きていた意味を探そうとします。

畳屋さんのお父さんの納棺式では、突然亡くなったお父さんに、ご遺族はなかなか近づけませんでした。ご遺族の中にはご遺体になった途端、近寄りがたさを感じてしまう方もいるようです。そんな方も納棺師の私たちが清拭やお着せ替えでご遺体に触れるのを見ていると安心するのか、ご遺体に近づいてくださいます。

次ページまるで生きているかのように触れて話しかける
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT