フランス人が堪能する「パリ」の何とも心躍る風景

トリコロール、野外シネマ、エッフェル塔の眺め

(撮影:Mami OKAMOTO、Teruki ISHIBASHI)
自分を大切にする。好きなものと暮らす。フランスに住んでわかった豊かな日常。
写真家、料理家、編集者、スタイリスト、刺繡作家などパリに住む生活の達人、クリエイター13人が綴った、フランスの「おいしい」「美しい」「面白い」季節の楽しみ方とは。
リアルなフランスの情報、魅力を生活者目線で、美しい撮り下ろし写真と共に収録している『フランスの日々の暮らしごと 365日の小さな幸せ』から、一部を抜粋してお届けします。
3つの色を表すトリコロール(撮影:Mami OKAMOTO)

(外部配信先では画像を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

街で見つけるトリコロール

トリコロールの意味をご存じですか? トリコロールは直訳すると「3つの色」で、青・白・赤色それぞれは「自由・平等・博愛」を表します。

そのせいかどうかはわかりませんが、パリの街には、他の国とは違う、深みのある印象的な赤色や青色がよく見られるような気がします。

天気の良い日は特に目的なくフランス人のように散歩をするのですが、歩きながら街の中でトリコロールを見つけては、上の写真のように国旗に見立てて写真を撮るのが楽しい。トリコロールの写真が撮れた日は、何かいいことがあるような気がして、ちょっといいシャルキュトリやワインを買いがちです。すると不思議、やっぱりいい1日になるのです。

エッフェル塔や凱旋門、荘厳な建物ももちろんキラキラと美しいけれど、実は自分が日々歩いている日常にこそ、パリの魅力が溢れている気がします。

Photo&Text:Mami OKAMOTO(岡本真実/編集・ライター)

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT