「PERで株価を割安」と判断する人に伝えたい盲点

1株純利益の変化も「ものさし」としては重要

PERの分析方法を解説します(写真:Fast&Slow/PIXTA)
会社員として働きながら、成長株で3億円超の資産を築いたはっしゃん氏の投資法は決算短信を分析し、高い成長が見込める企業への中・長期投資で資産を増やす「成長株投資」です。今回は株価の割安、割高を測る指標とされるPER(株価収益率)の分析法について、はっしゃん氏が解説します。
※本稿ははっしゃん氏の新著『株で資産3.6億円を築いたサラリーマン投資家が教える決算書「3分速読」からの"10倍株"の探し方』を一部抜粋・再構成したものです。

PERの変動要因は株価と1株純利益

一般的に株価が割高か割安かを測る指標として知られるPER(Price Earnings Ratio=株価収益率)ですが、初心者向けの簡単な指標というわけではなく、実は使い方の難しい指標です。

PERの計算式は「株価÷EPS(1株純利益)」ですから、その変動要因は株価とEPSの2つです。分子の株価が安くなればPERは低下しますが、分母のEPSが増えてもPERは低くなります。

ここで「PERは株価が割安か割高かを測るものさし」という固定観念があると、EPSの変動を軽視してしまいがちですが、実は「ものさし」としてはEPSの変化も非常に重要です。

それではPERを深く読み解くために必要な基本項目を見ていきましょう。

次ページまずはBPSとPBRを知ろう
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT