大久保利通が青ざめた「西郷隆盛」衝撃暴言の内容 実は理詰めで考え、納得しないと動かぬ頑固者

印刷
A
A

そんな経緯があっただけに、満を持して鹿児島に帰ってきた西郷が、久光の上洛計画に大反対したのは、大久保にとって大きな誤算だった。京に出発しようとする10日前のことだ。西郷は目の前にいる久光に計画実行の延期を訴えたうえで、こんなことまで言った。

「どうしても行かねばならないのならば、京都には寄らずに直接、海路で江戸に向かってはいかがでしょうか」

久光からすれば、屈辱的だったことだろう。兄の斉彬のときには協力した西郷に、そんな提案をされるのは「お前は京では相手にされない」と言われているに等しい。久光は西郷の案を即座に却下している。

だが、西郷からしてみれば、それこそが本意である。「官位を持たず藩主でもない久光には、中央政局で発言する資格すらなく、相手にされない」というのが、西郷がこの計画に反対する最大の理由だった。

それでも相手の微妙な反応を察すれば、人は「そういうことじゃありませんよ」とついフォローしてしまうものだが、西郷は違う。ぼかしても伝わらないなら、とあまりにストレートすぎる表現で、久光に自分の思いを伝えた。

「あなたのようなジゴロ(田舎者)に、斉彬公の代わりは務まるはずもない」

大久保は青ざめたことだろう。実は、この場を迎えるまでに、西郷が久光の上洛に反対であることは、すでにわかっていた。大久保の屋敷で、喜びの再会を果たした2人だったが、久光の上洛計画に話が及ぶと、西郷は断固として反対の姿勢を崩さなかった。

意外なほど理詰めで物事を考える西郷

どちらかというと「大久保は緻密な性格で、西郷は豪胆な性格」というイメージを持たれやすいが、実際はそうとも言い切れなかった。「とにかく少しでも前進したい」と実効性を重視する大久保は、時に理屈より行動を優先するところがあった。

一方の西郷はといえば、意外なほどに理詰めで物事を考える。腹落ちしなければ、動かない。そんな頑固さは大久保にもあったが、実は西郷にもみられた傾向だった。

思わぬ反対に遭って困った大久保は、薩摩藩士の小松帯刀が住む屋敷に場所を移し、西郷の説得を試みる。このときに薩摩藩士の中山尚之助も同席している。

だが、西郷の意見は変わらなかった。それどころか、「有力な縁故者はいるのか?」「老中が承諾する見込みはあるのか?」と西郷から計画の甘さを、どんどん突っ込まれてしまう。

大久保らが「その方面にはまだ手をつけられていない」と答えると、西郷はこう畳みかけている。

次ページ何と畳みかけたのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT