吉田カバンの売れ筋に見た仕事用バッグの大変化

コロナ禍で久しぶりの出勤は荷物が増える

以前に比べて荷物が多くなり、リュックを選ぶ人は多い(写真:吉田カバン)
この記事の画像を見る(7枚)

新型コロナウイルスの新規感染者数が減り、外出ムードが高まった。大都市では電車通勤客も戻ってきた。各社の事情で異なるが「出勤は週4日をメド」にした会社もある。

これまでの在宅勤務中心から通勤となると、欠かせないのが外出用のバッグだ。ここ2年近く活躍する日が少なかったが、この機会に新調を考える人がいるかもしれない。

そこで今回「仕事用バッグの選び方」を、第一線で働くビジネスパーソンに聞いてみた。その内容は後述するが、同時に吉田カバン(※)に取材した。1935(昭和10)年の創業86年になる老舗メーカーで、主力ブランド「ポーター」(PORTER)は社会人にも人気だ。また商品の耐久性など品質に定評がある──などの理由で選び、教えてもらった。

仕事用といっても、業種や職種、世代でも変わるだろう。今回はマニア向けでなく一般的な視点で考え、ブランドの売れ筋商品も紹介しながらバッグ選びを考えたい。

(※)正式社名は株式会社吉田。名称は「吉」の「士」の部分が「土」

 11月中旬、アポイント制で開催された吉田カバンの「新商品展示会」。こちらのフロアでは販売中の商品が紹介されていた(筆者撮影)

「リュックに変えたら楽で、戻れなくなった」

まずは30代後半の男性会社員の声を紹介しよう。最近、「奥さんの誕生日にマルニ(MARNI)のミニバッグをプレゼントした」というが、自分用にはこんな本音を明かす。

「仕事・プライベートのどちらでも使える新しいリュックが欲しいです。もともとスーツ×リュックに抵抗がありました。カッコよくないし、スーツが傷むのもイヤだったので。それが近年は出勤の服装もカジュアル化し、リュックとの相性もよくなってきました」

次ページノートパソコンが入り、背負えて、本体が軽い
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT