吉田カバンの売れ筋に見た仕事用バッグの大変化 コロナ禍で久しぶりの出勤は荷物が増える

印刷
A
A
トートバッグを愛用する女性も目立つ(写真:吉田カバン)

仕事用にトートバッグを選ぶ女性は多いが、男性は手提げ派とリュック派が多い。

吉田カバンには「タンカー」(ポーターの1シリーズ)というロングセラーがある。1983年の発売で今も売れ続ける看板商品だ。手提げ型も軽くて丈夫で、長年愛用する人も多い。

荷物と利便性については、昨年の取材でこんな話も聞いた。

「かつては2wayバッグで、日によって、手持ちにしたり肩掛けにしたりしましたが、年々荷物が増え、重い中身を支えられるのか不安になりました。そこで大きめのトートバッグに変えましたが、歩行中に電話がかかってくると対応しにくい。結局、両手が自由に使えるリュックにたどりつきました。それ以来、リュック一筋ですね」(30代の男性会社役員)

近年はバッグの中身が重くなる傾向にある。

例えば降雨やゲリラ雷雨に備えて、つねに折りたたみ傘を常備する人は多い。夏はもちろん秋冬でもペットボトル飲料を携帯する人も増えた。一方で化粧道具一式を持ち歩かなくなった人、キャッシュレスで財布が小さく軽くなった人もいるが、移動時のバッテリーコードなど周辺機器を入れると、中身は重くなってしまう。どうしても荷物は増えがちだ。

コロナ禍で、人との接触をさけて自転車通勤をする人も目立った。吉田カバンの商品ではメッセンジャーバッグもあるが、取材では「自転車通勤をやってみたが今は休止中」「考えたのだが、勤務先のビルに自転車置き場がなかった」という声を聞いた。

「タンカー」は手提げ型、リュック、ポーチなど多彩な商品を展開する(写真:吉田カバン)

実店舗・オンラインでの選び方

吉田カバンの岡田さんに、実店舗とオンラインでの一般的な選び方も教えてもらった。

「まずは使うシーンですよね。私が店舗販売員をしていた時も『どんなときにお使いですか?』をよく聞いていました。それからサイズや重さなどはネットでも表示できますが、持ってみて『意外に軽い』『こちらのほうがしっくりくる』という感覚は実店舗ならではです。当社でも、お客さまに気軽に寄っていただける雰囲気づくりに取り組んでいます」

「ネットの場合は、予算・欲しいものがある程度決まっていて『探し物』から始まると思います。やはり使うシーンを思い出していただき、『ブリーフケース、PC収納ができる、軽い』などのキーワードで検索していただくなど、より具体的に調べられてはいかがでしょう」

オンラインは商品数も多く、探し疲れとならないよう具体的に絞るのは大切だろう。

次ページ今のところ「TPOよりも汎用性」なのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT