吉田カバンの売れ筋に見た仕事用バッグの大変化 コロナ禍で久しぶりの出勤は荷物が増える

印刷
A
A

「データのクラウド化で機密情報の管理が進んだのに加えて、コロナ禍での作業の利便性に欠かせないことも大きいと思います」(岡田さん)

そうなると「久しぶりの出勤では荷物が増える」電車通勤派も多いようだ。

「駅の改札を出るまでリュックを前がけする人も多いですよね。今年7月発売の『ポーター ロード』というデイパックが好評ですが、この商品の特徴はスマホやICカード、ワイヤレスイヤホンなどがショルダーストラップに収納できて、背負ったまま出し入れできる点。今まで前がけで行っていた行為にも対応できるようになりました」(同)

「前がけで使いやすい人気バッグはあるのですか」という筆者の質問への答えだった。

背負ったまま小物が出し入れできる「ポーター ロード」(写真:吉田カバン)

「メイク道具一式」を持ち歩かない女性も増えた

ここまで男性の声を紹介してきたが、女性の声も紹介したい。

興味深いのは「コロナ禍でメイク道具一式を持ち歩かなくなり、リップやフェイスパウダーなど最低限になった」が目立つことだ。基本はマスク姿なので「口紅の需要が減った」という話は知られているが、バッグの中身も変わってきた。

一般的に女性のほうが、男性に比べてオン・オフでバッグを一新する傾向にある。

「仕事用には、黒の大きなロンシャン(Longchamp)のバッグを使いますが、休日はマイケル・コース(MICHAEL KORS)の小さなチェーンバッグ(ブラウン)を愛用しています。

選ぶ理由は、荷物がたくさん入って、バッグ自体が軽くて持ちやすい点。通勤で着る服を選ばないのもあります。一方、休日用はケータイ、ハンカチ、リップなど必需品が最もいい感じに収まるからです」(20代女性)

「仕事用には、ロンシャンのトートバッグ、休日用には無印良品のマザーズバッグを使っています。仕事用は革なのに軽いことで、休日用はいろんな服に合うから。小さなバッグも欲しいけど、休日子連れで出かけるときの大荷物を想像するとまだ買えません」(30代女性)

この2人が仕事用に選ぶロンシャンのバッグは、上質感と軽さ、価格帯の幅広さも人気だ。

次ページなぜ「外出時に荷物が増えた」のか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT