ジャケットがどうにもダサい男の大いなる盲点

色や素材、デザインよりも「サイズ」を見よう

服が似合うかどうか根本的に押さえておくべきことは?(写真:monzenmachi/iStock)

「とても高価なジャケットのはずなのに、これを着ると、どうにもカッコ悪いんです」

東京都内の有名企業に勤める40代男性の井川浩一さん(仮名)から相談を受けたのは今年8月末です。クールビズスタイルがそろそろ終わる時期に、タンスから取り出してきた秋冬用のあるジャケット。井川さんが羽織ってみたところ、奥さんから「そのジャケットを着ると、すごくおじさんに見えるね」と言われてしまいました。

改めて、鏡の中の自分を見ると、確かにそのとおりでなんだかダボダボ。実は大変お世話になった人から1年半ほど前にもらった贈り物で、詳しい値段こそ聞いていませんが、素材やデザインなどの要素から考えて、少なくとも10万円前後の値札がついていてもおかしくないほどの高級な作りの品なのに、です。

高級な作りでもカッコ悪く見える、致命的な要因は…

「もしかしたら色や柄が合っていないのでしょうか?」

井川さんは私にこう切り出したのですが、実際にジャケットを羽織った姿を見させてもらったところ答えがはっきりしました。致命的な要因は「サイズが合っていなかった」ことだったのです。

色や素材、デザインは服が似合うかどうかについて、もちろん大切な要素の1つではあります。目に入りやすいうえに、購入時に比較する際には非常にわかりやすい。

ただし、それよりも何よりも服が似合うかどうかで、最も重要なのは自分の体に合ったサイズかどうかなのです。逆に言えば、どんなに美しいデザインや色、また有名なブランドであったとしても、サイズが合わなければどんな服を着てもカッコ悪くなってしまいます。

次ページ自分の正しいサイズを選べていますか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。