ジャケットがどうにもダサい男の大いなる盲点

色や素材、デザインよりも「サイズ」を見よう

服が似合うかどうか根本的に押さえておくべきことは?(写真:monzenmachi/iStock)

「とても高価なジャケットのはずなのに、これを着ると、どうにもカッコ悪いんです」

東京都内の有名企業に勤める40代男性の井川浩一さん(仮名)から相談を受けたのは今年8月末です。クールビズスタイルがそろそろ終わる時期に、タンスから取り出してきた秋冬用のあるジャケット。井川さんが羽織ってみたところ、奥さんから「そのジャケットを着ると、すごくおじさんに見えるね」と言われてしまいました。

改めて、鏡の中の自分を見ると、確かにそのとおりでなんだかダボダボ。実は大変お世話になった人から1年半ほど前にもらった贈り物で、詳しい値段こそ聞いていませんが、素材やデザインなどの要素から考えて、少なくとも10万円前後の値札がついていてもおかしくないほどの高級な作りの品なのに、です。

高級な作りでもカッコ悪く見える、致命的な要因は…

「もしかしたら色や柄が合っていないのでしょうか?」

井川さんは私にこう切り出したのですが、実際にジャケットを羽織った姿を見させてもらったところ答えがはっきりしました。致命的な要因は「サイズが合っていなかった」ことだったのです。

色や素材、デザインは服が似合うかどうかについて、もちろん大切な要素の1つではあります。目に入りやすいうえに、購入時に比較する際には非常にわかりやすい。

ただし、それよりも何よりも服が似合うかどうかで、最も重要なのは自分の体に合ったサイズかどうかなのです。逆に言えば、どんなに美しいデザインや色、また有名なブランドであったとしても、サイズが合わなければどんな服を着てもカッコ悪くなってしまいます。

次ページ自分の正しいサイズを選べていますか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT