ジャケットがどうにもダサい男の大いなる盲点

色や素材、デザインよりも「サイズ」を見よう

実際に、井川さんがジャケットを着てきたときの写真も参考にしながら見ていきましょう(なお、外部配信先では写真を全部閲覧できない場合があるので、その際は東洋経済オンライン内でお読みください)。

頂いたものをそのまま着用した状態(筆者撮影)

体に合うジャケットを選ぶのにまず注目すべきは肩です。着用した際に肩幅が大きすぎると肩先が落ちてしまい、ハの字型のシワができます。これは肩幅が合っていなかったり、なで肩のために肩先点が低くなったりするケースが考えられます。どちらが原因か判断が難しいときもあるので、そのときはアパレル店員などのプロや専門家に見てもらうといいでしょう。

肩幅は指が1本入るか入らないか程度のゆとりが丁度いいサイズ感になります。指がまったく入らない場合は逆に小さすぎて、二の腕上部にシワが出たり、腕が動かしづらくなるため窮屈に感じるので注意が必要です。

横からも必ずチェックを!

次に胸回りとお腹回りをチェックしてみます。

ここが大きい場合はやたらと余裕があってスカスカしたり、横から見たときに必要以上にお腹が出ているように見えたりします。とくに横から見ると判断しやすいので、着用した状態で鏡を見るといいでしょう。

見るポイントは背中とお腹の余り具合と、肩から腕回りのダブつきがないかです。正面から鏡を見るだけでは、判断がつかないため必ず横からもチェックすることが重要です。

このとき、背中側のダブつきがないかどうかに注目します。適切なサイズを選んでいる場合、背中からお尻にかけてのラインは直線でストンと真っすぐに落ちるか、背中のカーブに合わせて美しいS字ラインを描いています。

大きすぎる場合は、背中側が本来の自分のお腹回り以上の大きさに出っ張って見えます。横から見たときにアルファベットのAのように広がってしまっている状態です。完全にオーバーサイズなので、注意深く見てください。

お腹回りは前ボタンを留めて、自分の軽く握ったこぶしが1つ入るくらいが適度なゆとりです。逆に小さすぎるとボタンの両サイドに負荷がかかるような、引っ張りジワができます。ボタンが外れる原因になってしまいます

次ページ不要な余り部分を針で留めてみると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT