ジャケットがどうにもダサい男の大いなる盲点

色や素材、デザインよりも「サイズ」を見よう

一方で、自分の正しいサイズを選ぶのは、そんなに簡単ではありません。それは自分の体に合っているという状態を判断する基準が、不明瞭であることが原因です。

例えば、国内最大のファッションECサイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」がPB(プライベートブランド)事業の展開を狙って配布した採寸用のボディスーツ「ZOZOスーツ」がなぜあれだけ多くの反響を得たのかを考えてみましょう。

ZOZOスーツは生産トラブルに伴う配送遅延などがあり、ビジネス的にはあまりうまくいかなかったと指摘されていますが、そこには「ZOZOスーツでサイズを測れば自分に似合う服が失敗なく手に入るのではないか」「自分に似合う明確なサイズ基準が手に入るのではないか」という期待があったはずです。

ところが、ZOZOスーツの配布後に起きたことは、「便利だ」「ZOZOスーツで測ったうえで注文した服が自分にピッタリだ」などという賞賛の声も聞かれた一方で、計測データの精度の低さが指摘されたり、届いたプライベートブランドのオーダースーツが体に合わなかったりなど批判も見受けられました。

数値だけでは完璧には判断できない

私自身、とても面白い試みだと思っていましたし、AIにもまだまだ課題はあるかもしれませんが、サイズ問題へ大きな一石を投じる出来事であったと感じています。

ZOZOスーツを通じて明確に浮き彫りになったことは、サイズというのは明確に数値化されていますが、人間の体は直線だけではなく曲線もまじった立体で構成されているため、数値だけでは自分の体に合う服かどうかを完璧に判断できないという事実です。

だからといって、AIの完全なる発達を迎えるまで、我慢するというわけにもいきません。

今は数値だけを絶対視するのではなく、着用した姿を確認するときに、自分に似合うという状態を判断できるような基準を持つことが最良の選択です。

次ページ着用写真も参考にしながら見ていきましょう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT