爪に愛!推し文字ネイルに見るオタ活市場の凄み

好きをテーマに事業化「フェリシモの部活」とは

フェリシモが展開するブランド「OSYAIRO(おしゃいろ)」から発売された「ときめく推し文字ネイルシール」。開発の背景について聞きました(写真:フェリシモ)
この記事の画像を見る(5枚)

自分の好きなモノや応援している人を表す「推し」という言葉は、いまや市民権を得ていると言っていい。推しがいる人々(=オタク)は、あふれ出る推しへの気持ちを「推ししか勝たん」「推しが尊い」「優勝」などの独特なワードで表現する。

そうした「推しワード」が最近、おしゃれなネイルシールになって登場した。販売しているのは、通販業界大手のフェリシモだ。2021年8月30日、フェリシモが展開するブランド「OSYAIRO(おしゃいろ)」から、推しワードがデザインされたジェルネイル風のネイルシール「ときめく推し文字ネイルシール」が発売された。

「手というのは、握手やハイタッチで推しと触れ合える部分。だからオタク的なアイテムとして、ネイルは大事にしていました」と開発プランナーの皆川さん(写真:フェリシモ)

同商品には、オタクにとって身近な推しワードの数々がデザインされている。シールのカラーは、ゴールドとシルバーの2色をラインナップ。爪につけると箔調の文字がきらりと輝く。

1セットに両手約2回分のネイルシールシート2枚がついていて、価格は1540円。発売後すぐに、「デザインがかわいい」とツイッターで話題に。商品を紹介した投稿の中には、2600以上の”いいね”がついた投稿もある。

オタク心を文字で表現したネイルシール

「ツイッターでの反響はすごくうれしいです。ツイッター映えも意識した商品ではあったので」

そう話すのは、フェリシモの部活動「オタク活動推進部(以下、オタ活部)」に所属する皆川絵利奈さん。「ときめく推し文字ネイルシール」の開発プランナーだ。先述したフェリシモのブランド「OSYAIRO(おしゃいろ)」は、皆川さんをはじめとしたオタ活部の部員が商品を企画している。オタ活部については、後述する。

「OSYAIRO(おしゃいろ)」は、“推し色をおしゃれに楽しむこと”をコンセプトに商品を展開している。皆川さんは、7色の”推し色”を楽しめる「OSYAIRO ネイルシール」の開発も担当した。発売から1年以上が経っても売り切れが出るヒット商品となったが、彼女は「色だけだとオタク心を伝えきれない」と感じていた。

皆川さんは「もっとオタク心を盛り込んだキャッチーな商品を作りたい」と考え、オタ活部の部長・山川真記代さんに相談。2人で悩みながらたどり着いたのが、”文字”だった。

「アイドルだけじゃなく、観劇やアニメ、ゲームが好きな人、さまざまな人が共感してくれるのが文字なんじゃないかということで、開発を進めました」(皆川さん)

次ページオタクの共通言語を洗い出した
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT