「寝たきり獣医師」難病と知らず頑張り続けた日々 中学1年で発症、診断名がつくまでに20年以上

印刷
A
A

ベッドの上から失礼します。“寝たきり獣医師”の近藤菜津紀です。

近藤さんが可愛がっているペットの小鳥もオンラインインタビューに参加(写真:本人提供)

私は「慢性疲労症候群」という病気を患っているため、1日の中で活動できる時間が限られています。でも、こうして介護ベッドに寄りかかっていれば大丈夫なので、今日はこの状態でお話しさせていただきますね。

獣医師を目指すようになったきっかけ

私が獣医師を目指すようになったきっかけは、幼少期にさかのぼります。

父親が獣医師で、母親が研究職という環境で生まれ育ったので、子どものころからたくさんの動物たちが身近にいました。動物とともに暮らす世界は、私にとってとても居心地のよいものでした。

獣医師になりたいと思ったのは、そんな大切な動物たちの生命に関わる仕事がしたいと思ったからです。そして、獣医学部を卒業。獣医師になる夢をかなえ、動物病院に就職しました。

(写真:本人提供)

しかし、このときすでに、何年も病気の症状に悩まされ続けていたのです。

次ページ中1のときに「慢性疲労症候群」を発症
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT