「寝たきり獣医師」難病と知らず頑張り続けた日々

中学1年で発症、診断名がつくまでに20年以上

慢性疲労症候群で「寝たきり獣医師」に。働きたいのに働けないジレンマを乗り越え見つけた仕事選びの本質(写真:本人提供)
この記事の画像を見る(10枚)

忙しい日々が続くと、「もう働きたくない……」と思ってしまいがちなもの。

本記事はWoman type(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です。元記事はこちら

でも、世の中には「働きたくても働けない」状態の人もいる。そんな経験をした人の話に耳を傾けてみると、仕事の見方が変わるかもしれない。

そこでお話を聞いたのが、“寝たきり獣医師”の近藤菜津紀さん。

20年以上悩まされてきた深刻な体調不良

中学1年生のときに「慢性疲労症候群」という病気を発症して以来、深刻な体調不良に悩まされてきた。マイナーな病気であることから、診断名がつくまでに20年以上かかったという。

困難な状況であるにも関わらず、近藤さんは幼い頃から目指していた獣医師になる夢を実現。期待を胸に動物病院で働き始めるも、体が思うように動かない、頭が働かない……“ぎりぎりの状態”が続くようになった。

ほどなくして、院内での立ち仕事がどうしても続けられず、やむなく動物病院を退職。

公務員などいくつかの仕事を経験し、現在はペット✕IT関連の多彩な事業を手がけるスタートアップ企業、TYLでペットの飼い主のためのオンラインカウンセリングに獣医師として取り組んでいる。

夢だった仕事にせっかく就くも、病気のせいで思うように働けない──。

そんなもどかしい時期を過ごしてきた近藤さんが、自分らしく働くことを諦めなかったのはなぜか。そして、「仕事」が人生に与えてくれたものは何だったのだろうか。

次ページ難病だと知らず「頑張ればできる」と思い込んでいた
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT