圧倒的に「食える」仕事なのに満足度が低い理由 データサイエンティストの「持ち腐れ」が多発中

印刷
A
A

満足度の低さの原因は何なのか。先ほどの調査によると、現役のデータサイエンティストが困っていることとして“3つのない”があるという。「手本がない」「上司の理解がない」「スキルアップのための時間がない」だ。

「手本がない」 データサイエンティストという職種の歴史は浅く、社内にロールモデルがいない。どのような仕事をすべきか、どのような役割をすべきなのか、手本となるデータサイエンティストがいない。
「上司の理解がない」 データサイエンス業務という専門性・特殊性を管理職が理解していない。自身でデータサイエンスを経験してこなかった上司も多く、データ処理や精度向上に莫大な時間がかかることなどが理解されない。
「スキルアップのための時間がない」 データサイエンスの分野は技術革新の途上であり、アップデートされる情報に追いつくために時間がかかる。分析手法やアルゴリズムなどの最新情報を幅広く収集するための時間がない。

3つの「ない」は、いずれも、データサイエンティストという職種が新しく、かつ、専門性が高いことに起因している。新しいアルゴリズムの革新性を上司に説明しても、結局、ビジネスにどれぐらい寄与するのかだけを問われて、まったく理解されないという悩みを聞くことも多い。

データサイエンティストの仕事≠「データ分析」

さらに、データサイエンティストと企業の間の意識ギャップも問題だ。例えば、マーケティング関連のデータサイエンスを担当する目的で採用されたものの、工場ラインの最適化を担当することになった話をきいたことがある。企業側としては、データサイエンスという点では同じで、短期間で成果を出しやすい業務の担当に変えたという程度の認識かもしれない。

しかし、データを分析することがデータサイエンティストの仕事ではない。結果として、担当業務が変わったことで、データサイエンティストのモチベーションが大きく低下してしまうことになった。

企業としては報酬という形だけではなく、データサイエンティストの高いモチベーションに応えることが重要だ。データサイエンスに対する企業側のビジョンを明確にし、本人たちが望むデータサイエンスの機会を提供することが重要になってくる。

次ページ受け皿部署を用意するだけではNG
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT